« 秋の遠足:その2 | トップページ | 秋の遠足:お弁当 »

2008年10月 6日 (月)

秋の遠足:その3

さて、秋の遠足のために作ったおもちゃの紹介の続きです。

その3.紙飛行機です。
家の中で遊ぶよりも、外で遊んだほうが断然遠くまで飛ばせることができると思って作りました。

材料:紙(コピー用紙、折り紙など)
使う道具:基本的にはなし。パパさんは、ハサミ、カッター、のりを使用
所要時間:折るだけなら、すぐ。

娘は保育園でよく折り紙をしているようで、紙飛行機らしきものを折っては投げつけて遊んでいます。左右対称に折らないので、飛ばないのです。

そこで、娘と一緒に、左右対称に折ることに気をつけながら、色んな形の紙飛行機を折ってみました。

その間に、パパさんがせっせと工作をしていました。

キャノン クリエイティブパーク(http://cp.c-ij.com/japan/papercraft/index.html)
に載っている紙飛行機、「競技用レーサー539」です。

精巧な作りなので、組み立てるのに30分ほど、さらにのりをしっかり乾燥させるのに半日ほどかかりました。
子供はこんなに待てません。自分で折った紙飛行機を何度も飛ばして満足したようで、このパパさんの傑作が仕上がった頃には、紙飛行機への興味も失っていました。

でも、これは驚くほどよく飛びました。
部屋の中では飛びすぎて、壁に当たっては墜落していました。

遠足当日。

パパさんはこの紙飛行機を飛ばしては拾って、を繰り返して、子供のように紙飛行機を飛ばすことに夢中になっていました。
強い風が吹いていましたが、風に乗ると滞空時間も長く、紙飛行機が大空に舞う姿に、パパさんとママさんが子供のように心躍らされていました。

残念ながら、娘はこの紙飛行機の魅力を感じられなかったようです・・・。

|

« 秋の遠足:その2 | トップページ | 秋の遠足:お弁当 »

工作」カテゴリの記事

行事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の遠足:その3:

« 秋の遠足:その2 | トップページ | 秋の遠足:お弁当 »