« ママさんの作品、パパさんの作品 | トップページ | 飴屋さんごっこ »

2008年11月 3日 (月)

森の音楽家

昨日、どんぐりを使って「リス」を作りました(昨日の記事をご覧ください)。
バイオリンを持ったリスを眺めていると・・・
仲間がいないことが少々寂しく感じられました。

童謡「森の音楽家」といえば、小リス、小トリ、タヌキ、の3匹の動物が登場します。
そこで、トリ、タヌキもどんぐりで作ってみることにしました。

(*〔作り方〕は昨日の記事を参照してください。)

リスの楽器、バイオリンは紙で作ったものを持たせましたが、小トリのフルートとタヌキの太鼓は・・・小トリのさえずりとタヌキの腹づつみで表現することにしてみました。093

それで、小トリにはシールで作ったくちばしを貼り付けて(シールの接着力が弱かったので、木工用ボンドで止めました)、タヌキにはお腹にどんぐりの帽子(傘の部分)を貼り付けてみました。

作る前は、表現が難しいかなぁ、と思っていましたが、
なんとか満足できる仕上がりになりました。

さて。
作っている過程で発見したことは、
どんぐりに穴を開けて加工する工作には、拾ったばかりの、まだ乾燥しきっていないどんぐりを使わないといけないということです。
以前拾ったどんぐりが家にあったので、それを使おうかなと思って千枚通しを突き刺したら、どんぐりが見事に割れました。
もし作られることがあればご注意ください。

幸い、割れたどんぐりの殻は、今回は小トリの羽に利用できました。

|

« ママさんの作品、パパさんの作品 | トップページ | 飴屋さんごっこ »

工作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森の音楽家:

« ママさんの作品、パパさんの作品 | トップページ | 飴屋さんごっこ »