« ぴょ~ん | トップページ | 仲良く遊ぼう:すぐに作れるおもちゃ »

2008年11月15日 (土)

ぴょんぴょんぱんのかばんです

さて。昨日に続き、絵本に関連した工作の紹介です。
今日紹介するのは工作、というよりも、手芸、といったほうがいいかもしれません。

絵本「ぴょんぴょんぱんのかばんです」(新日本出版社)は、先日紹介した「どうぞのいす」の著者が書かれた本で、話も関連した内容です。
「うさぎさんがかばんをつくりました」で始まるお話は、そのうさぎさんが作ったかばんが欲しい、と色々な動物が登場し、最後にはあれれ・・・という展開で終わります。
子供はうさぎさんの作ったかばんをかけた動物達が、かばんと一緒に跳ねる「ぴょん ぴょん ぱん」のリズムが楽しいようで、絵本を読んであげると、そのリズムは声を合わせて一緒に読んでくれます。

そして。
そんな娘のために「ママさんがかばんをつくりました」。
絵本の絵を参考にしながら、なんとか似たものを作ってみました。122

〔材料〕
フェルト(15cm×15cm幅)2枚、刺繍糸、縫い糸、ヒモ(5mm幅くらいの丸ヒモ)2m、マジックテープ、毛糸
〔使う道具〕
針、ハサミ
〔所要時間〕
15分~30分

〔作り方〕
1. フェルトの1枚を、上から3分の1ほど切り落とします。使うのは、残った部分(3分の2のほう)です。
2. 1.と、もう1枚のフェルトと重ね合わせ、6本取りの刺繍糸で縫い合わせます(並縫い)。
縫い目は粗いほうがいいと思います。またばらついていても大丈夫ですよ。何せ、うさぎさんの作ったカバンですから。
3. フタになる部分も並縫いで縫います。
4. フタ部分にマジックテープを縫い付けます。
5. マジックテープを縫い付けた箇所に毛糸で作ったポンポンを縫い付けます。
6. 肩から提げるヒモを作ります。ヒモを3本に切り、三つ編みをして、縫い付けます。

ポイントは、しっぽ(ポンポン)が付いていること、肩から提げるヒモが長いこと、です。
ヒモの長さは、大人でちょうどぴったり、のサイズにすると、子供には長くてだら~んとした、ちょうど絵本に出てくるようなサイズになるようです。

娘が寝ている間にこっそり・・・とこれを作りました。
朝起きた娘は、このかばんを見つけると「ぴょんぴょんぱん!!」と叫んで喜んでくれました。
絵本に登場する動物達のように、かばんと一緒に跳ねている娘を見て、ママさんの苦労が報われました~。
ただ、その後は娘の「ぴょんぴょんぱん ごっこ」に延々とつき合わされました・・・(苦笑)。

ぴょんぴょんぱんのかばんです (新日本出版社の絵本 ふれあいシリーズ 2)

      
ぴょんぴょんぱんのかばんです (新日本出版社の絵本 ふれあいシリーズ 2)

著者:香山 美子

ぴょんぴょんぱんのかばんです (新日本出版社の絵本 ふれあいシリーズ 2)

|

« ぴょ~ん | トップページ | 仲良く遊ぼう:すぐに作れるおもちゃ »

工作」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぴょんぴょんぱんのかばんです:

« ぴょ~ん | トップページ | 仲良く遊ぼう:すぐに作れるおもちゃ »