« ねんど遊び:1 | トップページ | 折り紙のスイミー »

2009年1月30日 (金)

ねんど遊び:2

娘がこよなく愛しているテレビ番組、BS日テレ「それいけ!アンパンマンくらぶ」。
先週(1/19~22)の放送では、「ねんどあそび」が紹介されました。
白色の「軽量ねんど」に、少量の絵の具を混ぜ込んで色を付け、それを使って作るお菓子の紹介です(もちろん食べられません)。

粘土に絵の具。
どちらも、娘が今”おもしろい”と思っているものなので、番組を見る彼女の眼は真剣でした。
そして放送後にはお決まりのセリフ「ね、ね、あれやりた~い!」が飛び出しました。
そのセリフに応えるのをなんとか週末まで先延ばしにし、軽量ねんど遊びをしてみました。

軽量ねんど、と言っても今回使ったものは特別なものではありません。
「ねんど遊び:1」で使った、100均で購入した軽量紙ねんどです。
しかも、この間遊んだ際の余りもの・・です。

絵の具だけは、今後のお絵描きのためにも買いそろえようと思い、ご近所の文具屋で12色セットのものを購入しました(いつも”ほぼ全品3割引”で販売している文具屋さんです。ラミネートチューブ入り、400円くらいでした。安い~)。334

まずは粘土の色付けです。
軽量紙粘土に、ちょこっと絵の具をのせて、捏ねます。少々ベトベトしますが、よく混ざるまで捏ねます。
捏ね、捏ね。
すると、見事にきれいな色付き粘土に変身!しました。

実はホントに混ざるのかなぁと半信半疑だったの335ですが、きれいに混ざりました。驚きでした!
こんなに手軽にカラー粘土が作れるのなら、色々な色を買いそろえる必要がないですね。

そして、いろんな色の粘土が出来上がったところで、番組で紹介されていたキャンディとソフトクリームを作ってみました。
どちらも粘土を細く伸ばして巻きつけるだけなので、簡単に形が作れました。340
キャンディには棒の代わりに爪楊枝を刺しています。
写真真ん中上の、爪楊枝の刺さった赤い丸は娘の作品。
「りんごあめ」だそうです。

娘は、形を作ることよりも、粘土を捏ねることに必死になっていました。
いろんな色の絵の具を、数種類も練りこんだりして。。
絵の具の量が多すぎるのか、捏ねる力が足りないためか、粘土の色は不均一で、手も絵の具だらけ~でした。338
「もう~、できな~い!ママやって!」
どうしようもなくなると投げ出して、手を洗いに行きますが、また戻ってきて、また捏ねて、また絵の具でベタベタに・・・というのを繰り返していました。

ママさんが作ったキャンディとソフトクリームは、
「うわぁぁぁ~!すごいねぇ、ママがつくったの!?」と娘が絶賛してくれました。
全部を無理やり手にかかえて持ち、パパさんに「すごいでしょ~!これ、ぜんぶわたしの!」と自慢していました。341343

翌日。
すっかり乾いた粘土のキャンディとソフトクリームを、かわいらしく飾ってみました。
美味しそうに見えますが、食べられません。。娘にも「たべちゃだめよ、たべるまねならいいよ」と言われました。

これを使って「キャンディ屋さん」と「ソフトクリーム屋さん」ごっこが楽しめそうです。

ちなみに。番組で作り方が紹介されたのは
ドーナツ、キャンディ、ソフトクリーム、プリン、の4種類(放送は4日間なので)です。
今、番組HPで作り方が紹介されています(topページの「ねんどの作り方」をクリッ
ク)ので、ご興味のある方はご参考にしてください。

余談ですが。娘に「こんどはドーナツつくろうねっ!」と言われています。。

|

« ねんど遊び:1 | トップページ | 折り紙のスイミー »

工作」カテゴリの記事

アンパンマン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねんど遊び:2:

« ねんど遊び:1 | トップページ | 折り紙のスイミー »