« おたのしみカレンダーの製作 | トップページ | かぜひきさん »

2009年1月15日 (木)

おたのしみカレンダー完成!

まだカレンダー作成の構想は固まっていませんでしたが、とにかく作り始めました。

ある程度の大きさの厚紙に7か所穴を開け、その裏にお菓子を入れる小箱をつけようと思っていたところに、
パパさんが「空き箱使ったほうがいいよ」と言って、箱を持ってきてくれました。

とりあえず、この箱に合わせて厚紙を切り、ヨーグルトカップを使って7個の丸を描きました。
描いている途中に、いいアイディアがひらめきました。

「この円をフタにしよう」295

そこで、円の上部に指をかける穴を少々開け、円の下部を少し残した状態までカッターで切りこみました。
その残した部分に折り目をつければ・・・フタの完成です。

とりあえずフタができたので箱に載せてみました。ぴったり、いい感じです。

次はお菓子を入れる小箱をフタにくっつけよう、と思いましたが、フタ同士が接近しているので、接着面が狭そうです。
どうしようかな~と思っていたときにふと目に着いたのが、円を描くのに使ったヨーグルトカップでした。

「これって・・・箱と同じくらいの高さじゃない?」294
そう思ってヨーグルトカップを7個(工作用に常に空容器をストックしています。急きょ食べたわけではないですよ~)箱の中に並べてみると、少々きついけれども、ちょっと調節すれば収まりそうな感じ、です。

そこで、ヨーグルトカップのみみの部分(ちょっとはみ出している部分)をハサミでカットしました(意外と簡単に切れます)。293
そうして再び箱の中に並べてみると・・・ぴったり、です。何の固定も要らないくらい、ぴったりで驚きました。

おかげで、ヨーグルトカップを並べた箱の上に、先に作ったフタ付きの厚紙をのせてテープで固定して、工作は終了しました。
フタの表に曜日を書き、裏にアンパンマンのキャラクターの絵を描いて、おたのしみカレンダーは無事一晩で完成しました。298296

とりあえず1日分だけお菓子を入れて、そっと娘の机の上に置いてママさんは寝ました。

翌朝。
カレンダーを見た娘は
「え~、これだけ~?」と言ったのですが(ママさんは心の中で「頑張ったんだから許してよぉ」と思っていました)
フタを開けてお菓子を取り出し、嬉しそうにしてくれました。

そして、その後何度も娘は
「ねぇ、なんでおたのしみカレンダーつくってくれたの?」とママさんに尋ねました。
「だって、欲しいって言っていたでしょ」
「うん!」

なんだかんだ言って嬉しそうな娘を見て、寝不足気味だけど苦労が報われてよかったわ~と、ママさんも嬉しくなりました。

|

« おたのしみカレンダーの製作 | トップページ | かぜひきさん »

工作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おたのしみカレンダー完成!:

« おたのしみカレンダーの製作 | トップページ | かぜひきさん »