« 電子レンジつくりました | トップページ | 絵の具あそび »

2009年1月27日 (火)

コドモの観察力

連日、ですが、娘とごっこ遊びをしました。
しかし今回のごっこ遊びは、ママさんにとっては”きつ~い”遊び、でした。

何がきつかったか、と言えば、
ママさんは遊びの最中ずっと、娘の言動が「ぐさっ」と胸に突き刺さり・・・自己反省の繰り返しだったのです。

さて。
きついごっこ遊びはいつも通り、娘の役振りで始まりました。
「えっと~、ママがこどもでぇ、わたしがママ、ね」

「はいはい。了解!」
ママさんは喜んで子供役を演じ始めました。
子供役なら簡単、簡単。
だって、目の前に見本がいますから。
おもちゃを出して、適当に遊びます。あれも、これも、と手当たり次第。子供になりきるのも、楽しいものです。

娘もママさんになりきります。
「ママ、ごはんつくってあげるから、あそんでおいてね」
せっせとままごとセットでご飯作りをします。

しばらくして。
「ごはん、できたわよ~」
ママ役の娘が子供役のママさんを呼びました。

ママさんは子供役なので、娘の真似をして答えました。
「え~、やだ~、まだ遊びたいよ~」

「だめ、かたづけなさ~い」ママ役の娘が子供役のママさんに言います。
「やだぁ~!!」ママさんも調子に乗って娘の真似を続けます。
「・・・。」娘は無言になり、少々表情が曇りました。
普段の自分の言動を反省したのかな?しめしめ・・・と思っていたら・・・
大反撃!!!が待っていました。

「かたづけなさい!もう~、ママのいうこと、なんできいてくれないの?そんなこ、しらないよ~!」
ママさんが時々娘に発する言葉、そのままが返ってきました。
「・・・(ぐさっ)。」
子供役のママさんの心に、この言葉は突き刺さりました。
ああ、そんなに怒らないで・・・、ちょっとふざけていただけで・・・、怒らせるつもりじゃなかったの・・・。 
ホントに次の言葉がでませんでした。 

「もう、ほんとに~!」
「・・・(ぐさっ)。」
勝手に傷ついている子供役のママさんを尻目に
ママさん役の娘はぷんぷん怒りながら片付けをしていました。

そんなママさんに娘は畳み掛けて言いました。
「ほら~、はやくしなさ~い!」

・・・ホントにごめんなさい。
子供の立場になることで、自分が娘に普段「きつ~い」言葉を言っていることに気が付きました。
いくらムカついても、相手の気持ちを考慮することなく、感情的に発する言葉は相手を傷つけるのですね。
言葉は選ばないといけません・・・大人だから。ましてや、相手は子供、ですから。

はぁ・・・子供の観察力って怖いです。ホントに娘の言動は「ママさん」そのもの、でした。
おかげで、娘から学ぶことができたのですが。

猛反省の末、只今「ほめて育てる」を実践中です。

|

« 電子レンジつくりました | トップページ | 絵の具あそび »

育児」カテゴリの記事

近況」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コドモの観察力:

« 電子レンジつくりました | トップページ | 絵の具あそび »