« ランチョンマット | トップページ | つくし発見!! »

2009年2月10日 (火)

ドキンちゃんのボンゴ

パパさんがある日「この空き缶、ペン立てにしたら?」と
円錐形のお菓子の空き缶を1つ見せてくれました。

そもそも、娘のおもちゃや工作道具などを片付けている棚がいつも雑然としているので、
少しでも娘に片付けてもらおうかと思い、ママさんはトイレットペーパーの芯を組み合わせてペン立てを作ろうとしていました。
でも、トイレットペーパーの芯の太さでは大して収納力がないだろうと考えたパパさんが、これなら使えるんじゃないか、と出してくれたのです。

早速、空き缶にペンを刺して見たのですが、残念ながらちょっと深すぎて、ペンを立てるのには向きませんでした。

ふと、
「手づくりアンパンマンといっしょ(1) わくわく☆おもちゃ」(以前紹介しました)に掲載されている
「アンパンマンボンゴ」のことを思い出しました。
筒状の空き缶を使って作るボンゴです。

以前、この本を見ていた娘が、「これ、つくって~」と言っていたものなのですが、そのときは適当な空き缶がなかったので作るのは断念していました。
この缶ならぴったりだわ~と思い、パパさんから缶を譲ってもらいました。395

まずは缶の口の面に、布テープを放射状に貼りつけます。これが叩く面になります。
側面にはみ出している布テープの上に、赤色のビニールテープを貼り付けて固定します。

ボンゴとしては、これで出来上がりです。
あとはアンパンマンの顔をビニールテープを貼りつけながら作るだけ、なんですが・・・
娘から「アンパンマンじゃなくて、ドキンちゃんにして!」と変更を指示されたため、
急遽、画用紙でドキンちゃんの角を作ってビニールテープの隙間に挟み込み、ビニールテープを貼ってドキンちゃんの顔を作りました。397

テープがベタベタ貼られて、ちょっと雑な感じですが、何とかドキンちゃんには見えるように出来上がりました。

出来上がったボンゴを娘に見せると
「ほっぺがないよ」と言われ、慌ててピンク色のマジックでほっぺを描き足しました。

これでホントに完成~です(写真はまだほっぺが描き足されていない状態です)。399

娘はドキンちゃんボンゴを抱えて、楽しそうにポコポコ叩いていました。
叩いているのはドキンちゃんのお顔、なんですが、全く躊躇なく乱打していました。

|

« ランチョンマット | トップページ | つくし発見!! »

工作」カテゴリの記事

アンパンマン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドキンちゃんのボンゴ:

« ランチョンマット | トップページ | つくし発見!! »