« パパさんのお料理 | トップページ | 「春」をお祝い »

2009年2月 3日 (火)

せつぶんの日

本日2月3日は節分ですね。
娘は鬼が怖いようで、保育園で節分の準備が始まった頃から相当嫌がっていました。
「なんで”おに”がくるの~?」と何度も尋ねられました。

確か、昨年も一昨年も、「鬼に怯えて泣き叫んだ」と保育園の先生から聞いたことを思い出しました。
今年はなんとか無邪気に豆を投げる子供たちの仲間入りをさせてあげたいなぁと思い、
2週間ほど前から毎日のように、
「節分の日は、お友達と一緒に豆を投げて、鬼をやっつけよう!」と励まし続けました。

次第に娘には「なかよしのともだちと、おににまめをなげて、ころばせる」というイメージが出来上がってきたらしく、「おにたいじ」をする節分の日を心待ちにするようになりました。
保育園での工作も楽しめるようになったようで、「きょうは、おめんつくった」「(豆を入れる)ますをつくった」と、保育園から帰ると嬉しそうに教えてくれました。
イメージトレーニングが功を奏したようです。

そして、いよいよ節分当日を迎えました。

今日は保育園で豆まきをしますが、夜は家でも豆まきをします。
そこで、朝食を食べながら「今日は節分だし、ご飯食べたら夜に備えて何か作ろうか?」と娘を工作に誘ったところ、
「え~、きょう、ほいくえんからいっぱいもってかえってくるよ」とつれない返事を返されました。 368_3363

確かに、お面も枡も持って帰ってくるんです。ママさんは少々がっかり。。
気を取り直し、とりあえず撒く豆の準備をしました。
我が家が豆まきに使用するのは、砂糖コーティングされた炒り大豆(残ったものも美味しく食べたいからです)です。そのまま撒かれると掃除が大変なので、数粒ずつラップで包み、モールを巻きつけて固定しました。
見た目もかわいいし、こうしておけば撒いた後の回収が楽ですから。
牛乳パックを切った枡にとりあえず入れておきました。366

その間、娘は、と言えば、ハサミで折り紙を切り刻んで遊んでいました。
そこで、娘から折り紙の切れ端をもらい、折り紙で手巻き寿司を作ってみました。
今日の夕飯は手巻き寿司です。
折り紙ですが、食べる真似をして娘と2人、お先に盛り上がりました。

さて。
保育園帰りの娘に「鬼さんに豆投げた?」と尋ねると
「ううん・・・こわかった。ないちゃった。」という返事が返ってきました。
やっぱり、怖いものを克服するのはなかなか難しいようです。369

家では、パパさんの帰宅後に豆まきをしましたが、「パパ鬼さん」が登場すると娘はやっぱり固まってしまいました。
しばらくはママさんがパパ鬼さんに容赦なく豆を投げつけている様子を見ていたのですが、そのうち勇気を振り絞って・・・豆を投げました。そのとたん、パパ鬼さんが逃げ出したので、大喜び!!
「ね、もういっかい、おにたいじする~!」という要求に応え、再びパパ鬼さんが登場しました。
豆まきは結局数回行われ、パパ鬼さんが「もう勘弁してください」と言ったところでおしまいになりました。
来年は、保育園の豆まきも頑張れるかな?371_2

夕飯は本物の手巻き寿司。
娘はカニカマを気に入り、ご飯に大量のカニカマを載せて喜んでいました。
そして食後は、撒いた豆を、歳の数の何倍も食べて満足していました。

楽しい節分を過ごすことができました。
次の行事は、ひな祭りですね。あぁ、雛人形飾らなくっちゃ。。

|

« パパさんのお料理 | トップページ | 「春」をお祝い »

育児」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

行事」カテゴリの記事

コメント

パパさんを鬼にしたらダメなんだよ。
「所さんの目がテン」節分の科学の回で、
怖い鬼をお父さんがやっつけることによって、
子供たちから家長の尊敬を受けるってやってたよ。

我が家のへたれなお父さんも、
花火にとっては「一番強い人」という
認識を持たれるようにがんばってます。

投稿: げー | 2009年2月 4日 (水) 09時15分

怖いもの(鬼)を克服させようだなんて偉いわ〜。うちの家系はみんな、さらに怖がらせるのが大好き。だから昨日の夕方、姪っ子が紙に『たべないでください。』って泣きながら書いていたその横で『食べられるのは、足からがいい?お尻からがいい?』って更に怖がらせてた。うちの姪はいつ克服出来るのやら…

投稿: Mちゃん | 2009年2月 4日 (水) 11時38分

相変わらず可愛らしいですね
そしてパパさんは頑張ってらっしゃいますね☆
素敵です

投稿: mimi | 2009年2月 4日 (水) 17時01分

皆様、コメントありがとうございます。

げーさん
ママさんが鬼、という案もあったのですよ。でも、パパさんが率先して鬼になってくれていました。
娘はパパさんは強いという認識はあるようですよ~。「(つよい)パパおにさんをやっつけた!」と自慢してました。

Mちゃん
娘に甥っ子ちゃんにしたようなことをすると・・・後が大変なのです。ホントに。確実に「夜泣き」します。

mimiさん
パパさんの頑張りを褒めていただいてありがとう。パパさんもきっと喜んでます。そして・・・ママさんも褒めてください(ハハッ)。

投稿: ともぬいママさん | 2009年2月 4日 (水) 23時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せつぶんの日:

» 写真点描 雛飾り 4 [つき指の読書日記by大月清司]
 こちらもアップしていますね。室内のズームは撮影、難しいのですが、まぐれでしょうね。 そういえば亡母も雛飾りをしていましたね。嫁入りの時に持参でもしたのでしょうか、戦中は北京に一時、いたので後からかもしれませんね。 ↓釧路の海産物 釧路丸水... [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 07時45分

« パパさんのお料理 | トップページ | 「春」をお祝い »