« 今度はキャラクターカード | トップページ | 娘のテーブル »

2009年3月 7日 (土)

2つめの「リンクルン」

以前ママさんが牛乳パックで作った「フレッシュプリキュア!」の変身グッズ、「リンクルン」。
娘は愛用してくれています。430423

リンクルンをリンクルンキャリー(リンクルンのケース)に入れて腰に付けては変身ごっこをしています。
変身の際の決め台詞もすっかり覚えました。
「チェ~ンジ プリキュア!ビ~トアーップ!!」
「ピンクのハートはあい(愛)あるしるし!もぎたてフレッシュ キュアピーチっ!!」

ポーズも決めて、すっかりプリキュアになりきっています。

ある日。
娘は「ねぇ、キュアベリーとキュアパインのリンクルンもつくってよ」とママさんにリクエストしました。
今回のプリキュアは3人、キュアピーチ、キュアベリー、キュアパインというキャラクターなのですが、それぞれ持っているリンクルンの色がピンク、青、黄色、と違うのです。
市販されているリンクルンには、扉の部分の色が替えられるように、3色のカバーが付いています。
なので「じゃあ、フタだけ作って付け替えればいい?」と娘に提案すると
「ダメ!キュアピーチにもへんしんしたいから、3つないとダメなの」と返されました。

しょうがないので「そのうち作ってあげるよ」と返事していたのですが、なかなか作る機会がなく、そのまま放置していました。

今日のおやつの時間。娘は頂いた駄菓子(共新さくらんぼ餅)を食べていました(商品写真を撮り忘れました。気になる方は「さくらんぼ餅」で検索してみてください)。
食べながら「このいれもので、リンクルンつくれるねぇ」とつぶやいていました。

フタ付きのプラスチック容器で、大きさも携帯サイズなので、確かにリンクルンを作るのにはよさそうな材料です。
「じゃあ、自分で作ってみたら?」と言うと、「うん!あおいろにするから、あおいろのマジックかして」と言われました。505
青のマジックでフタの部分を塗ったのですが、うまく塗ることができず、娘の手は青色マジックだらけになってしまいました。
そこで、「青色の紙を貼ったらいいんじゃない?折り紙を貼ってあげようか?」とママさんが助け舟を出すと、
「うん!」と言って、容器を手渡されました。

結局、青色の折り紙を貼った後、画面の穴を開けたり、カッターで切ったところをテープで保護したりしているうち、娘は工作をすっかり放棄し、「ボタンつけてよ」などとママさんにリクエストをするばかり・・・。508
506
そうしてママさんは、なんとか青色の「リンクルン」を作り上げました。
ちゃんと画面に絵もはめ込むことができます。今回は「キュアベリー」と、シフォンというキャラクターの飲み物「キュアビタン」の絵をはめ込むことができるようにしています。

娘は大満足してくれました。特に、キュアビタンの絵を気に入って、シフォンのお世話ごっこをはじめました。507

ちなみに。このリンクルンを裏返すと、駄菓子の空き容器だということがバレバレです。。

|

« 今度はキャラクターカード | トップページ | 娘のテーブル »

工作」カテゴリの記事

プリキュア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2つめの「リンクルン」:

« 今度はキャラクターカード | トップページ | 娘のテーブル »