« お風呂専用のままごと道具 | トップページ | プリキュアバッジ »

2009年4月11日 (土)

娘の試練、ママさんの試練

296 娘は、毎朝起きたときに「おたのしみカレンダー」を開けるのを楽しみにしています。
おたのしみカレンダーの中身は、チョコレートやキャラメル、ビスケットなどのお菓子が2、3個入って(入れて)おり、「アルファベットチョコレート1個と、キャラメル1個」といった組み合わせが多く、娘が保育園から帰った後、夕食までのつなぎとして食べさせています。甘いものが好きな娘にとっての「おたのしみのひととき」です。

が。
娘にとんでもない試練が訪れました。
「チョコレートとスナック菓子の摂取が2週間禁止」になったのです。

10日ほど前のこと。娘の体に突然、ポツポツと発疹が出ました。痒みもあるようだったので小児科を受診したところ、ウィルス性のもので、長くとも1週間程度でひくでしょう、との診断でした。
ところが、1週間後。発疹は随分治まったものの、娘が「まだかゆい」と言ったので、再び小児科を受診しました。
すると今度は、「この子、チョコレート好きですか?」と尋ねられ、「はい」と答えると、「食べ過ぎていませんか?」と続けて聞かれました。
(ママさん)「うーん・・・食べ過ぎってほどは食べていないと思いますけれど」
(医師)「いや、かなり食べていると思いますよ。スナック菓子とかも食べ過ぎていませんか?」
(ママさん)「スナック菓子はほとんど食べませんけれど、チョコはそれなりには食べています」
(医師)「じゃあ、チョコレートと、スナック菓子、それから甘いお菓子は2週間やめてみましょう」
(ママさん&娘)「えっ・・・?」

娘の発疹は、親の目から見るとずいぶん治まったように見えたので、あえてお菓子を除去する必要性は感じなかったのですが、
医師の目から見ると、治りの悪い発疹に加え、少々ガサガサした肌が気になるようです。
そして、その原因が「糖分と油脂の摂り過ぎ」と判断されたようです。6282

まぁ確かに思い起こしてみれば、最近、ケーキを丸ごと食べようとしたり、クッキーを独り占めしようとしたり(こちらに書いています)、その他色々と甘いものを食べ過ぎていたような気がします。
ちょっと甘いものを遮断してみるのもいいかも、と思い、2週間の試練を受け入れることにしました。

娘は今にも泣きだしそうでした。
でも医師の前で「がんばれる」と誓った以上、頑張る決意はしたようです。

その日以降、娘のおやつはおにぎりになりました。幸い、ご飯が好きなので「おにぎりおいしい~!」と言って食べています。

しかし。
お菓子禁止は、ママさんにも試練となりました。それは「おたのしみカレンダーの中身をお菓子にできない」ということです。6662
本当は、カレンダーは一時休止にしてもいいかな、と思っていたのですが、お菓子禁止を命じられた翌朝、娘が「カレンダーをあけたい!」と言って、中のお菓子を取り出し、パパさんとママさんに1つずつ差し出した姿がかわいそうで、それだけ楽しみにしているのなら、何か娘が楽しめるものを入れておこう、と思い、昨日は「お風呂で使える包丁」の引換券を入れたわけです。

そして、娘が非常に喜んでくれるのを見て、ママさんも嬉しくなったのですが・・・ひょっとして、これを2週間続けることになるのかしら・・・?と、自ら墓穴を掘ったことに気が付きました。6682
6672
昨晩は、夜なべをして「お風呂で使えるお鍋とお皿」を作りました。その甲斐あって、今朝、娘はまたまた喜んで「うわぁ!きょうはおなべとおさらももって、おふろにはいるね~」と言っていました。
よかった~。しかし、これから2週間、ママさんは日々工作を続けなくてはいけません・・・。
工作好きで、よかった。。娘と一緒に、頑張ります~。

*毎日ブログを楽しんでくださっている皆様*
更新が遅くなりなり、申し訳ありませんでした。昨晩はフレッツの保守点検のために更新できなかったのです。。

|

« お風呂専用のままごと道具 | トップページ | プリキュアバッジ »

育児」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

牛乳パック」カテゴリの記事

近況」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 娘の試練、ママさんの試練:

« お風呂専用のままごと道具 | トップページ | プリキュアバッジ »