« 本物に負けました・・・。 | トップページ | ねんどで「シフォン」を作りました »

2009年4月14日 (火)

花びらを飾りました

6692 保育園から家に戻り、娘の通園カバンを開けると、娘が保育園で作った作品が入っていました。
それは、散歩をした際に拾った色々な花びらを、色画用紙に貼りつけたものでした。

「これ、作ったの?上手にできたね」と娘を褒めると、
娘は「うん!」と嬉しそうに返事をし、続けて「ね、へやにかざって!」と言いました。
「えっ?部屋に飾るって・・・どこに?」
「えっと~、ここらへん?」と言って、娘は壁を指さしました。

指さした場所は、何も飾られていない、白い壁。飾ると目立つだろうなぁという場所です。
まぁ、その場所に飾るか否かはともかく、自分の作品を飾りたいという娘の意思を尊重して、その作品に額縁のようなものを付けてあげることにしました。

材料は色画用紙(100均で購入)です。
10色程度の色画用紙がスケッチブック型に綴じられているものを常に置いているので、その中から、娘の作品の台紙に合わせて、青色の色画用紙を選びました。

額縁、と言っても、最初は娘の作品を画用紙に貼るだけにしようと思っていたのですが、さすがにそれだけではつまらないので、何か形をつけようかなぁと思い、
娘に「ね、何かの形に切ろうか?」と尋ねると、
「ハート!」と即答されました。
じゃあ、四隅をハート型に切ればいいかな、と思い、
「小さいハートをつけたらいい?」と確認すると、
「ちいさいのはイヤっ!おおきいハートがいい!」との返事が返ってきました。

大きなハートと言われ、少々困りました。なぜなら、娘の作品は意外と大きく、貼り付ける画用紙よりもふた回りほど小さいだけだったので、これを貼り付けたものをハート型に切り取るのが難しかったのです。

う~ん、どうしよう・・・。
色画用紙と娘の作品を持ってしばし悩みましたが、ふと、いいアイディアがひらめきました。
色画用紙の真ん中をハート型にくり抜いて、そこから娘の作品をのぞかせよう、と。まさに額縁のスタイルです。6702

早速画用紙を半分に折って、真ん中をハート型に切り抜き、ハート型の窓から娘の作品をのぞかせてみました。
これなら、なんとかなりそうです。

「はなびらが、ぜんぶみえるようにしてほしい」という娘の要望に合わせて、窓から花びらが全部見えるように作品を置いて裏からテープで貼り付け、余分なところを切り取って、また紙が足りないところに紙を付け足して、できあがりました。6712
足した紙は台紙と違う色だったのですが、ここには娘の作品の端に先生の字で小さく描かれていた花の種類を書いてみました。

娘に「どう?」と仕上がったものを見せると、
「うんっ、いいかんじ!」と言われました。どうやら合格点をもらえたようです。

仕上がったものは結局、娘の言っていた壁ではなく、カレンダーをかけているフックにひっかけて飾りました。
ちょうどカレンダーの絵の部分が、娘の作品に入れ替わったようになりました。
春らしくて、まさに「いいかんじ!」です。

花びらは生のままのものなので、しばらくすると色褪せてくるとは思いますが、それまでは春の香りを楽しみたいと思っています。

|

« 本物に負けました・・・。 | トップページ | ねんどで「シフォン」を作りました »

工作」カテゴリの記事

画用紙」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1105491/29121518

この記事へのトラックバック一覧です: 花びらを飾りました:

« 本物に負けました・・・。 | トップページ | ねんどで「シフォン」を作りました »