« メダカをとってきました! | トップページ | 「こどもの日」のいちにち »

2009年5月 4日 (月)

絵が変わるカードで絵本づくり

以前、「絵が変わるカード」を作ったことを紹介しました(こちらに書いています)が、今日はそれと同じ仕組みのカードを使った、違う遊びを紹介します。

数日前、図書館に出かけた際に、「変身カード」としてこのカードの作り方を教えてもらいました。もちろん作ったことがあったので、カード自体に驚きはあまりなかったのですが、教えていただいた作り方が非常に簡単であったことと、このカードは片面ではなく、両面とも絵が描けるということを教えていただき、目からウロコが落ちました。

まず、教えていただいた作り方を簡単に紹介します(説明不足だと思いますが、写真を参照していただければ幸いです)。 8292
8282
1. 長方形の紙を2枚用意します。
2. 長い辺を4等分に折り曲げて広げます。
3. 2.のうち、1枚だけを折った線で切ります。短冊が4枚できますが、このうちの2枚を使います(写真ではピンクの枠を付けた紙です)。8302
4. 2.のうち、折り曲げただけの、切っていない紙を半分に折り、写真のピンク色で示した線に沿って切込みを入れ、広げます。
5. 3.と4.を写真のように組み合わせます。これで仕掛けは出来上がりです。あとは絵を描くだけです。8322_28312

そして、両面とも絵が描ける、というのは、写真で示すように、表はA→Bと変化、裏はC→Dと変化させることが出来るんです。83428332_2

で。違う遊びというのは、このカードの両面を使って4枚の絵を描き、絵本を作ってみたんです。
お話の内容は「娘のいちにち」。登場人物はうちの娘です。

① ぐ~ぐ~・・・。ぐっすり眠っています。 8072
② 「おはよう!」朝ご飯をしっかり食べます。
③ 昼間はいっぱい遊びます。今日はお花を摘みました。「いっぱいとったよ~」
④ 夜はお風呂に入ります。「は~、きもち いいなぁ」8082
そして、①に戻り、「おやすみなさ~い」・・・以下、飽きるまでずっと続きます。

カードの動かし方は少々工夫をしました。上記のアルファベットを使って表現すると、
B→A→(ひっくり返してひっぱる)→D→C→(ひっくり返してひっぱる)→B・・・という感じです。8102
娘が一人でも遊べるように、絵の隅に番号と、カードのめくりかたの補助となる矢印を付けてみました(写真では薄くて見えづらいですね。。)。

このカード絵本、娘には大うけでした。
何回か読んであげた後、カードのめくり方を教えてあげると、自分で8112
「ねてます」「おはよ~!いっぱいたべます」「あそびます」「おふろ。は~いいきもち。」「ねます。ぐ~」
と読んで遊んでいました。

絵の変化を楽しむカードの場合はオチが重要ですが、終わりのない話にしたおかげで、ず~っと楽しむことができるようになりました。
いい話が思いついたら、また作って遊んでみようと思っています。

|

« メダカをとってきました! | トップページ | 「こどもの日」のいちにち »

工作」カテゴリの記事

画用紙」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

色分けした写真付きの説明がとても分かりやすいです。
変身カードの仕組みは私もよく使っていて、ワークショップもしています。
細長いカードを差し込むとき、子どもたちがよく破ってしまうので、左右におり分けてから差し込む方法に変えるとうまくいくようになりました。
また、広げた時、左右に長く絵を描いたほうが驚きが増すので試してみてください。
kimie gangiの図工教室「変身!絵カードの作り方」
https://youtu.be/hVvmx5uywD0
4面展開で評判が良いのは「ふしぎなポケット」の歌に合わせて展開していくビスケットのカードです。こちらは、プリントアウトして作れる画像付きです。
kimie gangiの工作教室「変身!絵カード―ふしぎなポケット―」
https://youtu.be/RCdiWlLcPgg
「こぶたぬきつねこ」カードも不思議で楽しいので作ってみてください。

投稿: kimie gangi | 2017年5月16日 (火) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1105491/29409656

この記事へのトラックバック一覧です: 絵が変わるカードで絵本づくり:

« メダカをとってきました! | トップページ | 「こどもの日」のいちにち »