« シュシュを作ってみました | トップページ | めいけんちーずのゴミ箱 と、ちょっとおまけ »

2009年6月 6日 (土)

虫めがね(?)作りました

娘が保育園からラップの芯の片側にカラーセロファンを貼りつけたものを持ち帰りました。
「これ、何?」と尋ねると
「ぼうえんきょう~」という返事が返ってきました。
そして「ほら、こうやったら むしめがねだよ~」と言って、娘はラップの芯を下に向けてのぞき込みました。

「え~?それ、虫めがねじゃないよ。虫めがねはそんな形じゃないし(どちらかと言うと、顕微鏡?)」とママさんは反射的に言ってしまいました。
当然娘は「じゃ、むしめがねはどんなの?」と尋ねました。
「えっとね、丸い形のレンズに、棒が付いている形」と答えたのですが、娘は全くイメージがつかめない様子でした。

そんな姿を見たママさんは、これまた反射的に「じゃ、作ってあげようか」と言いました。
「うん、つくって~」娘も反射的に答えました。

牛乳パックを切り開いて、その上にヨーグルトカップを置いて円を2つ、くっつけて描きました(ちなみに、ヨーグルトカップの直径は6cm。ちょうど牛乳パックの幅と同じ!なんです。工作を繰り返しているうちに発見しました)。
そして、それを重ねて、柄の部分が残るように切り取って。外形はすぐに出来上がったのですが・・・保育園から帰った後=夕飯の準備をする時間、だったので、工作を中断して、ご飯を作りました。
そして夕食を作ったら、食べて、お風呂に入って、娘を寝かしつけて、で、結局その後、工作の続きをしました。10642

-こうしていつも睡眠時間を自ら削ってしまいます。。
まぁ、工作は趣味なので、遊んでいる(だけ)みたいなものですけれどね。-

さて。工作再開です。
今度はヨーグルトカップの底の部分を、先に切り抜いた牛乳パックのレンズ部分に当てて丸を描き、切り取りました。
そして、片側のレンズ部分に黄色のカラーセロファンを貼って、両面テープで牛乳パック同士を貼りつけて、出来上がりです。10662
ただし、レンズの上半分は接着しませんでした。隙間が少し開いている状態です (ただの虫めがねじゃつまらないと思って、「しかけ」を準備しました。そのしかけに使うための隙間です)。
あとは、見た目を良くするためと補強のため、柄の部分に赤色のビニールテープを巻きつけ、レンズ部分の周りにはキラキラシールを貼りました。

10682 作った過程を読んでいただいたらお分かりかと思いますが、虫めがね、と言っても、見た目を似せただけで、レンズは入れていませんから、物が大きく見えることはありません。
それでも翌朝、仕上がったものを娘にプレゼントすると「わ~、むしめがね~」と言って、柄の部分を握り、レンズ部分のセロファンを覗き込んで、喜んでいました。

そして、作った際には全く意図していなかったのですが、黄色のセロファンを貼ったおかげで、色遊びを楽しむことも出来ました!10732
娘が、遊び場所に敷いているカラフルなプレイマットをこの虫めがねで覗いていたときに
「あ、ママ、みてみて!みどりになった!」と教えてくれたので、あ~、なるほどねぇ!と思いました。青色の部分に黄色のセロファンを重ねたことで、緑色に見えるんですね。
考えてみれば当たり前、ですが、思わぬ展開にワクワクしました。

娘はこの後も、マットの色々な色に虫めがねを重ね、「あ、オレンジだ!」「う~ん、きみどりはあんまりかわらない」等と言って遊んでいました。1069210672

ちなみに。
ママさんが準備した「しかけ」は、プラ板にプリキュアのキャラクター、シフォンとタルトを貼ったもの、でした。シフォンとタルトは、プリキュアカレーの箱を切り抜いたものを使いました。
これを虫めがねの隙間に差し込めば・・・「あら?!シフォンがみえた!」ということになるわけです。
プリキュア好きの娘には大うけ!でした。

|

« シュシュを作ってみました | トップページ | めいけんちーずのゴミ箱 と、ちょっとおまけ »

育児」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

牛乳パック」カテゴリの記事

プリキュア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虫めがね(?)作りました:

« シュシュを作ってみました | トップページ | めいけんちーずのゴミ箱 と、ちょっとおまけ »