« 「アンパンマン公園」に行ってきました | トップページ | 牛乳パック製のイス、リニューアル »

2009年8月23日 (日)

「アンパンマンパン」を作りました

実家で過ごした夏休みが終わって、早1週間が過ぎました。
休み疲れを引きづったまま、通常の生活(家事・育児・仕事)をしたせいか、疲れだけではなく、ストレスもたまってきました。
そこで、ストレス発散のため、パンを作ることにしました。

パンを捏ねる作業は、相当の力を要する仕事です。
パンに使用する小麦粉は強力粉。グルテンパワーも、薄力粉に比べるとかなり強く、パン生地を、ベッタン、ベッタン、と、台に叩きつけながら捏ね続けると、汗が噴き出してきます。

ベッタン、ベッタン・・・バチン、バチン、バッチン、バッチン、バシッ、バシッ。

この力仕事に15~20分ほど没頭すると、生地がきれいにまとまります。そして、生地を叩き続けたおかげで、気分はすっきり。モヤモヤした気持ちは晴れ、ストレスは見事に発散されています。

はぁ~、すっきり。
今回も気分爽快になりました。

さて。
この生地を40℃で1時間ほど発酵させた後、パンを成形します。
この作業は、粘土細工みたいなもの。工作気分~です。13732今回はどんな形のパンを作ろうかな~と考え、とりあえずは我が家の定番、おかず入りのロールパンを数個作り、残りはアンパンマンのキャラクターの顔にすることにしました。

アンパンマンは、丸く成形したパンに、小さい丸を3つ並べてのせました。
その他のキャラクターは、顔の輪郭を意識しながら成形して、ほっぺや鼻になる部分に、イチゴジャムを少量のせました。
この段階で・・・それぞれ何のキャラクターか分かりますか・・・?

13742137522次発酵をさせた後、生地を焼き上げ、粗熱がとれた後、チョコペンでデコレーションしてキャラクターパンを仕上げました。

こうして出来上がったのは、アンパンマン、しょくぱんまん、カレーパンマン、メロンパンナちゃん、クリームパンダちゃん、ドキンちゃん、です。
アンパンマンは、3つ作ったので、「にっこりした顔」「おどろいた顔」「顔が欠けた顔」にしてみました。

なかなか満足のいく仕上がりになりました~。

13762 娘も、パパさんも「うわぁ、すごいね!」と言ってくれたので、大満足~して写真を撮っていたら・・・
娘が「ね、ね、これ、たべていいの?」と言いながら、パンを手にして食べ始めました。

「こ、これは夕飯にしようと思っているから、ちょっと待って・・・」とママさんは慌てて娘に言いましたが、もうパンに口をつけている娘を止めることはできませんでした。
パンが焼きあがったのは17時半。
夕飯には、まださすがに早いだろう・・・という時間でしたが、娘が食べ始めてしまったため、大人も一緒に夕食を食べることにしました。

考えてみれば、焼きたてのいい香りを発しているパンを「おあずけ」などできる訳がないんですよね。。
次回パンを焼くときは、焼き上がりの時間を考えて捏ね始めないといけないなぁと反省しました。

|

« 「アンパンマン公園」に行ってきました | トップページ | 牛乳パック製のイス、リニューアル »

キャラ弁」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

アンパンマン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アンパンマンパン」を作りました:

« 「アンパンマン公園」に行ってきました | トップページ | 牛乳パック製のイス、リニューアル »