« 発泡スチロール製のクリスマスツリー | トップページ | ペットボトルビーズを作ってみました »

2009年11月28日 (土)

発泡スチロール製のクリスマスツリー:つづき

昨日、只今療養中(インフルエンザに罹患したため)の娘と一緒に、発泡スチロール製のクリスマスツリーを作ったことを紹介しました(こちら)が、今日はその続きの話です。

せっかくツリーが出来上がったのに、娘が工作に飽きてしまったために、何も飾りが付いていないまま部屋の片隅に置かれたツリー。。
今日こそは何か飾りを付けてあげたい、とママさんは思いました。
でも、手の込んだ飾りを作ると、「娘と一緒に」作るのではなく、ママさん一人でせっせと作ることになってしまうし、その間娘は「たいくつ~」を連発するだろうし。。

ふと、娘が先日絵の具でお絵描き(落書き?)をした紙が目に留まりました。
白と赤の絵の具を混ぜて、大量にピンク色の絵の具を作り、楽しそうに丸やハートなどを描いていたのですが、その後、絵が描かれた紙は娘の机の上に放置されたままになっていました。
「あ、これを切り抜いて、貼ってみよう」と思い、娘に「このお絵描き、もらってもいい?」と尋ねると、あっさりと「いいよ~」と言われました。

そこで、ピンク色の部分をいくつかハートに切り抜いて、裏面に両面テープを貼り付けて、ペタッと貼ってみました。緑色のツリーに、ピンク色がよく映えます。
17982 ママさんがハートを貼っているのを見て、娘が「わたしもやりた~い」と近づいてきました。

ふふふ。ママさんの思惑が当たりました。これでしばし娘の「たいくつ」を凌げます。

ママさんが切って、両面テープを裏面に貼り付けたハートを、娘がツリーにペタッと貼りました。
「このハートは、どこに貼ったらいいかなぁ」
「う~ん・・・、ここっ!(ペタッ)」
「このハートは?」
「うわぁ、おおきいハート。じゃあ、ここっ!(ペタッ)」

こうして無事「ハートいっぱい」のツリーが出来上がりました。18102
ハートは、娘のお絵描きを切り抜いただけあって、色々な色が混ざったものあり、白く塗り残された部分あり、ですが、この色ムラもなかなかいい味になったのではないかなぁと思います。
クリスマスを待つ気持ちを盛り上げてくれるアイテムが、また一つ増えました。

ちなみに、ツリーの上に付いている星は、モールを折り曲げて作ったものです。ツリーの素材が発泡スチロール板なので、板に目打ちで少し穴を開け、そこにモールの端を突き刺すだけで、簡単に固定することができました。

|

« 発泡スチロール製のクリスマスツリー | トップページ | ペットボトルビーズを作ってみました »

育児」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

行事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発泡スチロール製のクリスマスツリー:つづき:

« 発泡スチロール製のクリスマスツリー | トップページ | ペットボトルビーズを作ってみました »