« パーティグッズの再利用:ボール飛ばし遊び | トップページ | 今年も宿題、凧作り »

2010年1月 9日 (土)

「くるりんもっちー」で餅つきしました

くるりんもっちー(セガトイズ/下写真)というおもちゃで遊びました(ワイヤーママ(徳島版)1月号に掲載されているおもちゃです)。

この冬、娘は突如「もち好き」になりました。
きっかけは、ご近所にある和菓子屋さん(茜庵というお店です)で年に一度行われているお餅つきに行き、つきたてのお餅を食べたことです。
娘は「おいしい~」と言って、非常によく食べていました(実際、ホントに美味しかったので、大人も食べ過ぎました)。

以来娘は「おもちたべた~い!」と事あるごとに発するようになりました。

そんな折、我が家に「くるりんもっちー」がやってきました。
娘は「これでいつでもおもちがたべられる!」と大喜びしましたが、お餅を作るには当然ながら「もち米」が必要です。
近くのスーパーでもち米が販売されているのを見かけたのですが・・・実家(米農家です)に帰ればもらうことができるものを買う気にはなれず(だって高いですもん、お米)、「お祖母ちゃんの家に行って、もち米をもらってから作ろう」とずっと娘に言い聞かせてきました。

そしてお正月明け。もち米を入手し、くるりんもっちーでの餅付きを行いました。

188222まずはもち米を洗って、給水させてから炊飯器で炊き上げます。
娘が「わたしひとりで、おもちつくるっ!」とはりきっていたので、初めての米とぎに挑戦してもらいました。

ちなみに水の量は、お米の約8割ほど。普通のお米よりも少なめです。それから、もっちーの説明書には「30分ほど吸水」と書かれていますが・・・3時間ほど置いてから炊きあげました(30分では十分に吸水しないと思います。。)。

188242 炊きあがったもち米を、くるりんもっちー本体に投入し、いよいよ餅つき開始!です。

この「くるりんもっちー」は非常に単純な構造で、本体の底の部分に羽根が付いており、ハンドルを回すとその羽根が回るだけ、です。お餅をつく、というよりは、もち米を捏ねておもちにする、という感じです。
188252 フタの上に付いている突起は、ハンドルを動かすと上下しますが、「つく」という感じを演出するためのもので、フタ以上の役目は果たしていません(イヤ、でも演出は必要ですよね。なかったら相当地味なおもちゃです)。。

ヤル気マンマンの娘がハンドルを回して頑張ったのですが、娘の力では撹拌力が弱いようで、全然捏ねられませんでした。188282188272 「もう、いいっ!」と投げ出した娘に代わり、ママさんがハンドルを力いっぱい回し続けること約10分強(ママさんは力持ちなので平気でしたが、割と腕力が必要な作業だと思います)。無事おもちがつき上がりました。
片栗粉をまぶしたお皿にとり、小さく丸めて、おもちの出来上がり~。

188302188292作る方には興味を失っていた娘ですが、いざ食べる段階になると大はりきり!!
前出の和菓子屋さん「茜庵」で購入した「柚子餡ペースト」をのせて、食べる、食べる、食べる。。

もち米一合分のお餅は、あっという間になくなりました。

「ママ~、またおもちつくろうね~。あ、こんどは、ママがつくるひと。おもちやさんになってね。わたしは、パパといっしょにおきゃくさんになるからっ」

もち米がなくなるまで、ママさんの力仕事は続きそうです。。全然平気ですけれどね。。ハハ。。

つきたておもち くるりんもっちー(おもちゃ) つきたておもち くるりんもっちー(おもちゃ)
販売元:ハピネット・オンライン Yahoo!店
ハピネット・オンライン Yahoo!店で詳細を確認する

|

« パーティグッズの再利用:ボール飛ばし遊び | トップページ | 今年も宿題、凧作り »

育児」カテゴリの記事

おもちゃ」カテゴリの記事

※ワイヤーママ※」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「くるりんもっちー」で餅つきしました:

« パーティグッズの再利用:ボール飛ばし遊び | トップページ | 今年も宿題、凧作り »