« ホントに消えない!シャボン玉 | トップページ | ねんど製デコレーション de ケーキ »

2010年1月29日 (金)

ねんど「だんご」と「デコレーション」

週末、家でのんびり過ごしていた際、
娘に「ねぇママ~、ひさしぶりに「ねんどあそび」しよう」と誘われました。

娘が「やりたい」と言った「ねんどあそび」とは、白色の軽量ねんどに水彩絵の具を混ぜ込んで、それを使ってモノを作る、というものです。

「ねんど」に「絵の具」。どちらも子供の大好きな素材ですから、娘はこの遊びが大好きです。これまでに何度か(こちらこちらなど)やったことのある遊びです。
しかし、ねんどを捏ねる作業は意外と力と根気が必要なようで(ママさんには簡単なんですが・・)、絵の具が混ざりきらなかったり、ねんどがボロボロになってまとまらなかったり、というトラブルに見舞われ、毎回片付け(部屋と、機嫌が悪くなった娘の・・)が大変でした。

それでも、休日。ママさんの心にも時間にも余裕がありました。久しぶりだし、ちょうど「作ってみたい」と思っていたものもありましたし、快く誘いにのることにしました。

まずテーブルの上に不要なポスターを貼って養生し、それから軽量ねんどと水彩絵の具、今回はつまようじも準備しました。

189272 ママさんが作ったものは、ケーキのデコレーションに使用するパーツです。キャンドル、ホイップクリーム、チョコレート、フルーツ色々・・・。
ねんどに絵の具を混ぜては形を整え、つまようじをぐさっと刺して、発泡スチロール製トレーを裏返したものに刺しておきました。こうすれば形を崩さず乾燥させることができる上、後のニス塗り作業にも好都合~でした。

※パーツを全てつまようじに刺したのは、とある「目的」があってのことですが、それはまた今度ご紹介します~。

ちなみに、一番色づくりに苦労したのは「チョコレート」でした。茶色に少量の黒色を混ぜても、どうもチョコレート色にならず困っていたら、パパさんが「これ、見本だよ」と本物のアルファベットチョコレートを1個持ってきてくれました。じ~っとチョコレートを観察し・・・赤色を少々追加したら、ようやくホンモノに近い色になりました。

苦労したおかげ(?)でおいしそうなパーツの数々が出来上がりました。
娘には「うわ~、おいしそうだねぇ」、パパさんには「キウイが本物っぽい!」との褒め言葉をもらいました。

さて。
ママさんがデコレーションを作っている間、娘は、と言えば・・・
ねんどに、ひたすら赤色の絵の具を混ぜていました。できあがったのはピンク色のねんど。
これを小さく丸めて、つまようじに刺して、「おだんご~!」の出来上がり。
189262 以前は色ねんどを作るのはおろか、形を作ることもできなかったのに、ちゃ~んと「それらしい」形のものを自力で仕上げていました。しばらくねんど遊びをしていなかった間に、娘は進化していました。
「すごいね。上手に作れるようになったね」と褒めると娘はとても嬉しそうにし、「もっと、たくさんつくるっ!」と言って、ねんどに絵の具(なぜか赤色ばかり・・)を混ぜて捏ねては串刺しだんごを作り、を繰り返し、12本もの団子を作りました。

ねんどが乾いた後、全てにニスを塗って、一晩乾燥させました(ニスを塗ると、表面のひび割れが防げます)。

そして翌日。
娘は自分の作ったたくさんのお団子を片手に、「おだんごやさん」を開店しました。
「おだんごやさんで~す。たべたいひとは、かいにきてくださ~い!」
「パパっ、おだんごですよっ。おいしいですよっ。はやくしないとなくなりますよっ。」
「ママっ、ママのすきな、いちごあじがなくなっちゃいますよ。はやいものがちですよ~!!」

娘の「おだんごやさん」は延々と続きました。。

|

« ホントに消えない!シャボン玉 | トップページ | ねんど製デコレーション de ケーキ »

育児」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

ねんど」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねんど「だんご」と「デコレーション」:

« ホントに消えない!シャボン玉 | トップページ | ねんど製デコレーション de ケーキ »