« ねんど製デコレーション de ケーキ | トップページ | 大急ぎで節分の準備っ! »

2010年2月 1日 (月)

牛乳パックでおうち作りあそび

先日ご紹介した「ピーピー鳴る笛」の作り方が書かれていた工作本、「てづくりおもちゃの本②-こどもがほんとによろこんだ!」(いまい みさ著/毎日新聞社)を手に取り、じ~っと見ていた娘が、「これ、つくりたい」と、とあるページを広げたままママさんの元にやってきました。

「何?どれ?」
娘が「つくりたい」と言ったものは、牛乳パックを使って作るおうちでした。
切り開いた牛乳パックを2つ使った工作で、1つ目の牛乳パックを家の形にして窓や扉を作り、2つ目の牛乳パックをその裏に重ね、窓や扉の部分に絵を描いたり、シールを貼ったりすれば出来上がり、というものです。
ここは誰のお家だろう・・・と言いながら扉を開ける遊びも楽しそうだし、誰が住んでいるおうちにしようかな・・・と考えながら家を作るのも楽しそうです。

「わたしも、ドアを「トントン」してあそびたい~」
「じゃあ、一緒に作ってみようか」
娘と一緒におうちを作ってみることにしました。

189502 まずは牛乳パックを切り開き、家の外観を作りました。
「どんな感じにする?」
「う~ん・・・おしろみたいな、かんじっ!さんかくのやねでぇ、まどはハートとほしがじゅんばんこにならんでて。ドアは、ふつうのしかくでいい~。でも、4つつけてね。」
娘の具体的な指示に従って、ママさんはハサミとカッターをひたすら動かすだけでした。。

先述の工作本では、この裏にもう1枚牛乳パックを重ね、窓や扉の部分にクレヨンで絵を描いたり、シールを貼ったりされているのですが、ママさんは裏に画用紙を重ねることにしました。189482画用紙ならば、画材が何であっても描けるというのが理由です。
屋根から飛び出さないサイズに切った画用紙(B4サイズの1/2くらい)を裏面に合わせてクリップで仮止めし、窓や扉の部分を鉛筆でうす~く印付けしました。
画用紙を取り外し、「この鉛筆で書いた線のところが、絵が見えるところになるから、ここにおうちに住んでいる人を書いてね」と言って娘に手渡しました。

189512娘はボールペンと蛍光ペン(ピンク)を使って、アンパンマンのキャラクターたち(のつもり)を描きました。
窓と扉の間、見えなくなってしまう部分にハシゴを描いていたので、
「このハシゴ、せっかく描いても見えないよ。いいの?」と確認したところ、「うん、だいじょうぶ~」と返事が返ってきました。
ホントに大丈夫・・・?と思いながら、娘が描きあげた絵の上に牛乳パックの家を貼り合わせました。

189532娘がさらに油性マジックで家の外観を少々書き足し、牛乳パックのおうちが完成しました。

仕上がったおうちを手にした娘が
「ママ、ママっ、だれがいるまどがいい?」とママさんに尋ねました。
「うん?メロンパンナちゃん、かなぁ・・・」と答えると、
「はい、メロンパンナちゃんね。ここのおうちはぁ」と言いながら、メロンパンナちゃんを描いた窓の下の扉を開けました。
そして「あ~、ジャムおじさんでした~」と言いながら、絵を見せてくれました。

これでようやく娘が描いた「ハシゴ」の意味が分かりました。
娘は、窓から覗いている人たちが、家の中のハシゴを降りて、別の扉から姿を見せる、という仕掛けを作っていたのです。

「ね、つぎはだれのまどがいい?」
「う~ん・・・、アンパンマンにしようかな」

誰が出てくるか、ドキドキワクワク(?)のゲームが出来上がりました。

この牛乳パックのおうち、やり方を少し変えればまた別の遊びが出来そうです。
材料も作り方も簡単なので、しばらくこのおうち作りを色々と楽しんでみようかなと思っています。

|

« ねんど製デコレーション de ケーキ | トップページ | 大急ぎで節分の準備っ! »

工作」カテゴリの記事

牛乳パック」カテゴリの記事

画用紙」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1105491/33212853

この記事へのトラックバック一覧です: 牛乳パックでおうち作りあそび:

« ねんど製デコレーション de ケーキ | トップページ | 大急ぎで節分の準備っ! »