« ベルンの「えびすかすてら」 | トップページ | 「空気砲」であそんでみたい! »

2010年5月24日 (月)

コんガらガっちキャラメル!

絵本「コんガらガっち どっちにすすむ?の本」「コんガらガっち あっちこっちすすめ!の本」(下写真)(ユーフラテス著/小学館)をご存知でしょうか。
我が家がよく行く大型書店では販売直後から平積みされており、現在も平積みされているので、かなり人気の絵本だと思います。目にされたことがある方も多いのではないかと思います。

「コんガらガっち」とは、体の上半身と下半身が色々な生物と入れ替わってしまったへんてこな生物たちです。
絵本に登場する主要キャラは「いぐら」。「いるか」と「もぐら」がこんがらがってできた生物、です。この他、「ありるー(ありくい/かんがるー)」「うりん(うさぎ/きりん)」・・・などなど、組み合わせは妙な感じですが、語呂がいいからか、何だか実際にいてもおかしくないかな?と思えるような不思議生物たちが登場します。

そしてこの本、キャラクターだけではなく、読み進め方もユニークです。ページに描かれている道を指でなぞりながら進んでいくと、色々な展開が用意されており、1冊で何度も何パターンもお話が楽しむことができます。とっても愉快でオトク、娘だけでなくママさん、パパさんも大好きな絵本です。

さて。週末のこと。194532194522_2
買い物中に、「コんガらガっちキャラメル」なるものを発見しました!!明治サイコロキャラメルのサイコロ2つが、コんガらガっち生物になっているものです(詳しくは明治製菓HPをご覧下さい)。
体の上下で生物が半分に分かれているので、箱をクルッと回して組み合わせれば、別の生物が誕生するというアソビが楽しめる仕組みです。
全3種類あり、箱の色は赤、黄緑、青色で、それぞれ違う生物が各4種ずつ描かれていました。

全部欲しい~!と思ったのですが・・・子供の目の前で大人買いするのは気が引けたので、娘が選んだ赤色の箱が付いたものだけを購入して家に帰りました。194542

家に帰って早速開封し、娘と一緒に中のキャラメルを味わいつつ、コんガらガっちを作って遊びました。

もこ(もぐら/たこ)、たらす(たこ/からす)・・・などなど。194562
この1種類で16種類のコんガらガっちを作ることができます。
ということは・・・あと2種類あれば、全部で144種類のコんガらガっちを作ることができるわけです。

あぁ、他の種類のものも買っておけばよかった。。

思わずつぶやいたら、パパさんから「え、買わなかったの?てっきり大人買いしていると思ったよ(ママさんなら)」と言われました。
この一言に、なんだぁ買ってもよかったのか、と思ったら、もう欲しくて欲しくてたまらなくなり(アホですね(笑))、娘を連れて残り2種類を買いに行きました。194602

そうしてゲットした全3種類~。
まだ中身はしっかり入っているのですが、箱が殻になったら、上半身の箱の下部と、下半身の箱の上部に磁石をくっつけて、どの組み合わせでも遊べるように加工したいと思っています~。
フフフ~♪
(つくづく、自分ってコドモだなぁ、と思いますが、おかげで娘と本気で遊べるのでヨシということにしています。)

コんガらガっち あっちこっち すすめ!の本

著者:ユーフラテス

コんガらガっち あっちこっち すすめ!の本







|

« ベルンの「えびすかすてら」 | トップページ | 「空気砲」であそんでみたい! »

絵本」カテゴリの記事

お菓子」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コんガらガっちキャラメル!:

« ベルンの「えびすかすてら」 | トップページ | 「空気砲」であそんでみたい! »