« 着せ替えあそび | トップページ | イマイチなバランス。。 »

2010年10月 6日 (水)

ひらがなカードでことばあそび

娘が、「ママ、いっしょに「かるた」しよう!」と言いながら、ひらがなカードを床に並べていました。2050

このひらがなカード、ずっと前にママさんが作ったもので、片面にはひらがな一文字、裏面には当時娘が大好きだったアンパンマンのキャラクターを描いています。
娘がアンパンマンに興味がなくなった頃は、ちょうどひらがなを大体覚えたのと同時期だったので・・・このカードは長い間、おもちゃ箱に入ったまま、触られることはありませんでした。

それがかなり久しぶりに日の目を見たのですが、このカードを使った「かるた」って、どうやって遊ぶつもりなのでしょう。。
「あ」と言ったら「あ」のカードを取る、とか?
・・・全然楽しそうじゃありません。だって、娘はひらがなは全部覚えているのです。簡単にカードを見つけて、山積みになったのを喜ぶだけです、きっと。
せっかくなら、遊びにお付き合いする大人(ママさん)も楽しく遊びたい。そこでこのカードでできる遊びを考えてみました。

「カードの文字をいくつか並べて言葉を作るっていう遊びはどう?」
例えば、「あ」「い」「す」=アイス、「ゆ」「き」=雪、といった具合です。
順番に言葉を作っていき、作れなくなったところで遊びはおしまい。言葉を作る際に使ったカードは作った人のもの、というルールです。 2053

「あー、それ、なんだかおもしろそう。やってみよう!」娘の賛同を得て、早速遊びを開始!しました。

まず娘は「み」「ず」=水 と並べました。
続いてママさんは「こ」「ど」「も」=子供、
娘が「し」「る」=汁?知る?
ママさんが「ら」「く」「だ」=ラクダ。2052

こんな具合に進め、ママさんは
こども、らくだ、でべそ、かに、うきわ、ほん、ぬりえ と7つの言葉を作りました。


娘は、
みず、しる、つゆ、へび、ねよお(??)、いす、ろじ と同じく7つ。

しかし、7つずつできたところで娘は「はいはい、このあそびはもうおしまいですよっ!」と言って、勝手に片付けちゃいました。遊びは強制終了となりました。2051

結構楽しかったんですけれどね、大人的には。
またそのうち、娘がヤル気になったら、この遊びを再びやってみたいと思います。

|

« 着せ替えあそび | トップページ | イマイチなバランス。。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひらがなカードでことばあそび:

« 着せ替えあそび | トップページ | イマイチなバランス。。 »