« 結婚記念日。。 | トップページ | キッズクッキング⑨ラーメン&杏仁豆腐 »

2010年12月 4日 (土)

「お菓子の家」を作りましたっ!

本日(12/4(土))とくぎん トモニプラザ(徳島県青少年センター)で行われた「ファミリークッキング」講座に参加してきました。

この講座は、娘が時々参加させていただいている子供向けお料理教室「キッズクッキング」の講師を務められているフードコーディネーター田中美和先生が同じく講師を務められているお料理教室で、家族単位で受講する講座です。
申し込みは家族単位、一家族何人でも参加OK!ということで・・・我が家は家族3人、娘・パパさん・ママさん揃って参加しました。

今回のお題は、クッキーを焼いて「クリスマスリース」または「お菓子の家」を作る、でした。
我が家が選んだのは、「お菓子の家」。娘の独断で決定しましたが、ママさんも「どうやって作るんだろう・・」ととっても興味があったので、娘の決定に素直に賛成しました。
パパさんは初めてのクッキー作りにドキドキだったようです。

さて。
お菓子の家はどうやって作るのか。

まずは、家のパーツの型紙を作り、薄く延ばしたクッキー生地を型に合わせて切り取り、焼きます。パーツは、前後の壁2枚、両横の壁2枚、そして屋根2枚です。
前後の壁を作って焼き、その間に両横の壁を作って、前後の壁が焼けたら両横の壁を焼いて、その間に屋根を作って・・・と、人もオーブンもフル稼働状態で頑張りました。

一通りのパーツを作り終えた後は、飾りパーツ作りです。
(ママさん)「煙突のある家にしようか?」
(娘)
「あっ、いいねっ!じゃあママ、えんとつつくって」
(ママさん)「窓つけなきゃね」
(娘)「ハートのまどがいいっ!わたしがつくるっ!

という感じで作業しながら娘と話し合い、2人でせっせと作りました。Photo
ちなみにパパさんはその間ずっとオーブン担当。焼く→取り出す→天板から外して冷やす→焼く→→を頑張って繰り返してくれました。

パーツを作り終え、荒熱を取っている間にアイシングを作りました。
卵白に粉糖を混ぜて練り、ツヤが出たらレモン汁を加えて出来上がり。
このアイシングを「糊」代わりに使って、パーツをくっつけます。Photo_3

パーツ同士をくっつけるのは結構大変でした。大きいクッキーは重いし、アイシングは乾くまでに少々時間がかかります。アイシングをクッキーの端にベタ~っとたくさん塗りつけて、崩れそうになるたびに補正しながら何とか家の形になりました。
その後、煙突や窓を貼ったり、チョコなどのお菓子を貼ったりして(娘は味見もしながら)、お菓子の家が完成しました!

そ~っと家に持ち帰ったお菓子の家。Photo_4
しばらく飾っておくのかな、と思っていたら、娘は「たべるっ!」と大張りきり。 
ホントに食べちゃうの?と大人は躊躇しましたが、娘は全く躊躇なく、屋根にかぶりつきました。
まるで怪獣。。。

クッキーをある程度食べたら、今度はアイシングでくっつけたお菓子を外してパクパクパク。3
娘があまりにも豪快に食べるので、ママさんとパパさんも一緒になって食べました。

しかしこの家、食べてみるとなかなか減りません。
作った過程を思い出してみたら・・・天板4枚分クッキーを焼いたのですから、相当な量です。

たっぷり堪能した(らしい)娘は「もういらな~い」と言いましたが・・・おうちのパーツは屋根が一枚なくなっただけで、その他はまだ残っています。あとはママさんとパパさんが、毎日少しずつ食べ続けることになりそうです

|

« 結婚記念日。。 | トップページ | キッズクッキング⑨ラーメン&杏仁豆腐 »

旅行・地域」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お菓子の家」を作りましたっ!:

« 結婚記念日。。 | トップページ | キッズクッキング⑨ラーメン&杏仁豆腐 »