« ひなまつりごはん | トップページ | パパさん、帰国 »

2011年3月 4日 (金)

わたしが「はつめい」した(?)にんぎょう

仕事を終え、娘を保育園に迎えに行き、一緒に帰宅した後のこと。
娘の通園かばんの中身を出していたら、細長くて、半分に折り曲げられた紙が出てきました。

「・・・?」

何だろう、と思って広げてみると、そこには女の子の絵が描かれていました。

「あっ、それっ!わたしがつくったんだよ。すごいでしょ~!」
娘は女の子を描いた紙を手にして、自慢げに説明を始めました。

「すごいステキなおんなのこでしょ~。じつはね、はんぶんにおってるから、おすわりするんだよ~」

試しに、と娘は自分のイスを持ってきて、その上に女の子の絵をちょこんと置きました。言われてみると、確かに座っているように見えます。

001
「おぉ~、すごいねぇ」ママさんが感心すると、娘は「でしょ、でしょっわたしが、ひとりでかんがえたおにんぎょうだよ。すごいでしょ。こんなのできるなんて、おもってなかったでしょっ002
もう、それはそれは嬉しそうでした。

でも、確かに紙を半分に折るだけで、座っているように見えるというしかけはすごいです。よく考えたなぁと思います。

このままでは・・・娘のほうがママさんよりも工作上手になりかねませんっ。。ママさんもガンバリマスっ(ホント、負けず嫌いなワタシ。。)。

|

« ひなまつりごはん | トップページ | パパさん、帰国 »

育児」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

こども」カテゴリの記事

お絵描き」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わたしが「はつめい」した(?)にんぎょう:

« ひなまつりごはん | トップページ | パパさん、帰国 »