« ケーキちゃん | トップページ | MIZUYAの田んぼ:観察編 »

2011年5月27日 (金)

飛び出すおにんぎょう

朝のこと。
「ねぇママ~、つまんない」と娘がどうしようもないひとことを言いました。

このどうしようもない一言は、つまりは

つまんない⇒たいくつ⇒おもしろいことがしたい⇒ママがどうにかして

ということです。014

急にそんなことを言われてもねぇ・・・と困りました。
「う~ん・・・」 部屋の中を見回すと、たままたBOXティッシュの空箱が目に入りました。
とりあえず空箱の側面
を開いてつぶしみたら、ひらめきました。

016娘に「アドベントカレンダーで使った、つまようじのついたお人形を持ってきて」と頼みました。
「うん?」怪訝な顔をしながらも、お人形を箱ごと持ってきてくれました。

箱の中から人形を取りだし、箱の側面にテープで貼りつけました。
箱の折りたたむ向きを変えると・・・・
人形が出てきたり、隠れたり、します。015

「わっ!すご~いママっ」 娘の目が輝きました。「わたしも、やりたい、やりたいっ
娘の退屈は見事に吹っ飛びました。
紙人形を4つも貼りつけて、
018017「だれもいませんよ~」
「「こんにちはっ」ほら、たくさんひとがでてきましたっ」
単純なことですが、これだけでキャッキャとよく笑い、大喜びで何度も繰り返して遊んでいました。

そのうち、「ねぇ、ひとりずつだせるように、できる?」と言うので、できるように箱を改造しました。021
改造、と言っても大したことではなく、箱に切れ込みをいれただけです。

端っこから順番に箱を折り返していくと・・・

王様人形がピョコッ

023022続いて、王子様人形がピョコッ

折り返すたびにピョコッピョコッと人形が飛び出します。

箱を細かく切りすぎたため、操作が難しくなってしまいましたが、「ひとりずつだせるように」024025というお題はクリアしました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

単純な遊びでしたが、娘の退屈は吹き飛んだし、最近遊ばれなくなった紙人形も再利用できたし。
なかなかの”いい遊び”でした。

|

« ケーキちゃん | トップページ | MIZUYAの田んぼ:観察編 »

育児」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛び出すおにんぎょう:

« ケーキちゃん | トップページ | MIZUYAの田んぼ:観察編 »