« てるてるぼうず弁当 | トップページ | さつまいもの生命力 »

2011年6月19日 (日)

ファミリークッキング:PaPaエクレアを作ろう!

0146月の第3日曜日、今日6/19(日)は父の日です。
(写真は、娘が保育園から持ち帰った父の日のプレゼント、小物入れ(リモコンケース?携帯入れ?)です。)

今日は日頃の感謝の気持ちを込めて、パパが大好きなエクレアを作りに、娘とママさんの2人で「ファミリークッキング」に参加してきました。

パパさんにエクレアのプレゼントをするというのが表向きの名目で・・・実際は、ママさんが娘をお料理に連れて行っている間に、パパに少しでも自由な時間を提供することがホントの目的でした(娘にはナイショです)

なので、「エクレアが出来上がったころに見に来てね」と言って、予定よりも少し早く家を出て、とくぎんトモニプラザ内のキッチンスタジオへ向かいました。

「ファミリークッキング」は、娘が月に数回参加している子供向けお料理教室「キッズクッキング」のファミリー版。家族で一緒にお料理します。なので、キッズクッキング参加者よりも小さいお子さんの姿もちらほら。お父さんの姿もありました。

003まずはお料理前に、お父さんへのお手紙を書きました。
田中美和先生に頂いた便せんに、「パパへ いつもありがとう これからもよろしくおねがいします」と書いた後、パパの似顔絵やらお花やら、ハートやら・・・ぎっしり、びっしり。封筒には”LOVE”とまで書いていました。大サービスですね

さてさて。肝心のお料理。
家族数名で参加されている家族もありましたが、我が家はママさんと娘の2人。005他のご家族より、作業が遅れるかしら・・・?と思いましたが、娘はママさんが思っていたよりもずっとテキパキと作業をこなしてくれました。
それも、卵を割ったりする簡単な作業から、生地を練ったり、カスタードクリームを作ったりまで。作業手順を考えるのはママさんの仕事でしたが、指示通り、テキパキ動いてくれたのは大助かりでした。キッズクッキングに通っている成果ですね、明らかに。
(娘、よほど真剣だったのか、ママさんに向かって「センセイ、つぎはなにするの?」って言ってました。007_2本人は無意識だったようなので、聞き流しましたけれどね。)

焼きあがった生地は、ふくらみ過ぎだろう・・と思うくらいぷっくりふくらみ、カスタードクリームもトロトロに仕上がりました。
コーティング用のチョコを削って、温めた生クリームに入れて煮溶かしたら、いよいよ仕上げの作業。
008生地を半分に切って、下半分にはクリームをたっぷり詰め、上半分は表面をチョコレート液に浸してからクリームの上に重ねました。
さらにチョコレートの上にアラザンを散らして・・・完成です

作ったエクレアは、娘が「いえにかえって、パパといっしょにたべようね」と言うので、ひとつも試食することなく、全部家に持ち帰りました。

これが・・・結構なボリュームだったんです。

015
写真は一部ですが、一番大きいハートの上に、もう1個ハートが乗って、さらに上に丸が乗っています。下に敷いているのは、5号サイズのケーキ用のアルミ台です

まだ午前の部で作ったのが幸いでした。
3時のおやつの時間に小さめ(スティック状)のエクレアを食べ、写真の巨大エクレアは夕飯のデザートとして食べる、と2回に分けて食べることができたからです。

美和センセイから、「たくさんできたけれど、大丈夫?」と心配されましたが、全部おいしくいただきましたよ。本日主役のパパさんも「おいしい」と言って喜んでくれました。
・・・ただ、しばらく甘いもの(特にエクレア)は控えようと思います。

|

« てるてるぼうず弁当 | トップページ | さつまいもの生命力 »

旅行・地域」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

行事」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファミリークッキング:PaPaエクレアを作ろう!:

« てるてるぼうず弁当 | トップページ | さつまいもの生命力 »