« パッチワークに挑戦!します | トップページ | MIZUYA検定、結果通知!! »

2011年6月30日 (木)

お料理修行

まるで花嫁修業のようなタイトルですが、修行したのは花嫁ではありません。我が家の5歳の娘、です。

先日、子供向けお料理教室・キッズクッキングから派生して登場!したMIZUYA検定(お料理検定)を娘が受けたことをご報告しましたが、検定試験の日までの娘は、特訓、特訓、の日々でした。

ホントは小学生以上が対象の試験を、田中美和センセイにお願いして受けることになった以上、結果はどうであれ、少しは頑張ったところを見てもらいたい。
娘は「れんしゅう、いっぱいするっ」と決意しました。

実は、試験を受けることにしたのは、試験日のたった1週間前でした。練習といっても、1週間でできることは限られています。
試験は「筆記」と「実技」が行われるので、「とにかく実技を何とかこなせるレベルにすること」を目標にすることに決めました。だって筆記は、何が出るのか分からないですからねぇ。。

008002先(4月)に試験を受けたお子さんのお母さんから、実技の際には「おにぎり・卵焼き・みそ汁」を作った、とお聞きしていました。
そこで、とにかくこの3品が作れるように、と1日で唯一ゆっくりお料理できる夕食時に毎日練習することにしました。

最初はヤル気に溢れていた娘も、途中で「もうイヤ。しけん、やめる」と言って2日ほど全くお料理しないこともありました。でも最後の練習時には、ほぼひとりで3品を作り上げることができるようになったんです。

010_2 
卵焼きがひとりで巻けた、と喜ぶ娘に「すごいっ!エライっ!」と言ったママさんは感動で泣きそうでした。
だって・・・自分が5歳のときなんて、料理の「り」も体験したことなかったですもん。。
子供の「すきなこと」「やりたいこと」に対するパワーのすごさを見せつけられました。

で迎えた検定試験。
にも書きましたが、実技のお題は「ホットケーキ」でした
課題を見たママさんは、練習したものとぜんぜん違う~!と大焦りでしたが、娘はセンセイの指示を聞いて、ちゃ~んと仕上げていました。
よかったです、ホントに

試験終了後に美和センセイにお聞きしたところ、筆記だけではなく実技の問題も毎回変わるそうです。実技も山をはることはできなかったんですね
でも、先生と2人きりのお料理が楽しかった娘は、予想を大外れさせた母に全く文句も言いませんでした。ホッとしました。

検定試験以降、娘はパッタリと練習を止めたので、もう卵焼きは作れないかもしれませんが、それでもきっとこの練習は娘にとっていい経験になったんじゃないかなぁ~と思います。

|

« パッチワークに挑戦!します | トップページ | MIZUYA検定、結果通知!! »

育児」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

こども」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お料理修行:

» お部屋のコーディネイトおまかせください [Witch House]
リフォーム、お部屋のリニューアル、収納アドバイス、ハウスキーピングのプロフェッショナル [続きを読む]

受信: 2011年7月 1日 (金) 10時01分

« パッチワークに挑戦!します | トップページ | MIZUYA検定、結果通知!! »