« ちいさなおうかん | トップページ | カタカタ、カタカタ・・ »

2011年7月 9日 (土)

はじめてのキッズクッキング「中級!」

先日、お料理の検定試験「MIZUYA検定・中級」に合格した娘は、キッズクッキングの中でも中級合格者だけが参加できる「中級講座」に今日初めて参加しました。

中級講座は「自分ひとりでレシピを見ながらお料理ができるようになること」が目標の講座です。グループでわいわいお料理をするいつものキッズクッキングとは違って、「じぶんのぶんは、じぶんひとりで」作ります。
弱冠5歳の娘には、かなりハードルが高いように思いましたが・・・「やりたい!」というので、検定試験も合格したことだし、とりあえず1回挑戦させることにしました。

今回のお題は「手打ちうどん」。うどんつゆと具(肉そぼろ)も作ります。
参加者は娘も含め女の子6名。でも未就学児は娘だけ・・です。ヤル気満々の娘に対し、見守るパパさん&ママさんはドキドキでした。
ドキドキの一番の理由は、「中級講座では作ったものを全部家に持ち帰り、家で食べることになっていること」です。
Dsc_0938Dsc_0929娘の作ったものが、今日の晩ご飯です。お願いだから、食べられるものを作ってね・・・とまさに祈るような気持ちで見守りました。

まずは手打ちうどん作りから始まりました。
中力粉に塩水を加えてこねます。ひとかたまりになったらジップロックに入れて、空気を抜いてチャックをしっかり閉じ、踏みます。踏み踏み。とことん踏みます。田中美和センセイからは「一万回くらい踏んでね」という指令が出ていたらしく、時々飛んだり跳ねたりもしながら必死に踏みしめていました。

Dsc_0949ったん生地を寝かせている間に、肉そぼろとうどんつゆを作りました。
肉そぼろは、挽き肉を炒めて、調味料を加えて、炒りつけたらできあがり。
うどんつゆは、だしをとって、調味料を加えて味を調えたら、氷で一気に冷やしてできあがり(一気に冷やすと、つやのあるだしに仕上がるそうですよ)。

そぼろとつゆが完成したら、再びうどん生地を踏んで踏んで踏んで。Dsc_0970Dsc_0969
伸ばして切って、できあがり、となりました。

できました、できました、極太のうどんが。。十分に伸ばせてはいないし、切りかたもかなり太め・・・。でも、ちゃんと「うどん」にはなっていました。無事食べられる夕飯が確保できて安心しました。

うどん生地は全部を切るのは大変だったようで、半分は切らずに持ち帰りました。
003002家ではパパさんがうすく伸ばして、均等な幅に切ってくれました。

で、いざ茹でようとしたら・・・娘の切ったうどんはぜ~んぶが仲良く一体化していたので(打ち粉が足りなかったようです)、パパさんが慌てて全部をまとめて伸ばし、切りなおしてくれました。Photo

茹であがったうどんは大量でした。
打ち立てでおいしかったのですが、とても食べきれず、半分は冷凍保存しました。後日、また食べようと思います。

食後、娘に今日の料理の感想を聞いたところ、「ぜんぶじぶんでできたから、おもしろかった」とのことでした。。
これからも続けてお料理修行に励んで、ぜひぜひ「じぶんでレシピを見ながらお料理できる」ようになってほしいと思います。

|

« ちいさなおうかん | トップページ | カタカタ、カタカタ・・ »

育児」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

こども」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのキッズクッキング「中級!」:

« ちいさなおうかん | トップページ | カタカタ、カタカタ・・ »