« キッズクッキング中級:基本の和食に挑戦! | トップページ | 山盛りのお月見だんご »

2011年9月12日 (月)

キッズクッキングno.34「ぐるんぱのビスケット」

土曜日に引き続き、日曜日(9/11)も娘はキッズクッキングに参加しました。
日曜日のキッズクッキングは、グループのお友だちと力を合わせて一緒にお料理する、わいわいがやがや、楽しいキッズクッキングです。

いつもとちょっと違うのは、今回は「絵本」に登場するお菓子がお料理のお題だったこと。
絵本「ぐるんぱのようちえん」(西内ミナミ著/福音館書店)の中に出てくる「おおきなビスケット」を作りました。Dsc_1849

絵本の主人公、ゾウのぐるんぱが作ったビスケットは、「あまりに大きくて、高い(なにせ、一個一万円)」ものでしたが、子供たちはいったいどんなビスケットを作るんだろう・・・?と、始まる前から楽しみでした。

まずは、いつものお料理とは違い、先生による絵本の読み聞かせから始まりました。
みんな真剣に聞いています。どんなビスケットを作るのか、イメージできたかな・・?

Dsc_1765

絵本が終わったら、キッチンスタジオに入り、お料理が始まりました。
バターを柔らかくして、砂糖を入れて、卵を混ぜて、粉を混ぜて。お友だちと生地をこねる作業はまるで粘土遊びのよう・・でした。3人でひとつのボールに手をつっこんで、ぐちゃぐちゃぐちゃ。それでも生地はちゃ~んときれいにまとまりました。

しばらく生地を寝かせたら、いよいよ成形作業。
天板の1/2サイズのクッキングシートが配られ、子供たちはその大きさに合わせて好きな形にし、模様もつけました(模様は竹串で。)。丸い形もあれば、シートいっぱいに四角く作る子も。同じ「ビスケット」というお題でも、子供たちの作るものはみんなそれぞれ違うんです。同じものはひとつもありませんでした。

Dsc_1825
表面に卵を塗って、天板にのせ、じっくり焼いたらできあがり。

Dsc_1848
娘の作ったビスケットは、ゾウのぐるんぱが作ったのと同じく、まんまるなビスケットでした。

ビスケットが焼けたら、お楽しみの試食タイム。みんな、おおきなビスケットにかぶりついていました

でも、絵本と同じく、あまりに大きなビスケットのため、食べきることはできず、残った分は家に持ち帰りました。

はお友だちに比べるとかなり食べていた方だったので、残った分を食べるのは大人の役目かな~と思っていたら・・・「わたしがたべるっ!」と娘がほとんど食べました。
サックサクでおいしいビスケットに仕上がっていたのは確かなんですが・・・すごい食欲。。
娘なら、ぐるんぱの「一個一万円」ビスケットを買って、おいしく食べてしまうかもしれません

|

« キッズクッキング中級:基本の和食に挑戦! | トップページ | 山盛りのお月見だんご »

旅行・地域」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キッズクッキングno.34「ぐるんぱのビスケット」:

« キッズクッキング中級:基本の和食に挑戦! | トップページ | 山盛りのお月見だんご »