« 今日は平日クッキングへっ! | トップページ | フローチャート式レシピ »

2012年8月 1日 (水)

「なつをたのしくすごせるメニュー」ができるまで。

またまたお料理の話題ですが・・・よかったらお付き合いください

コチラで少しご紹介しましたが、我が家にとってこの夏休み最大のイベント「キッズクッキング・おりょうりコンテスト」が7月29日(日)に開催されました。

昨年に続き、2回目の開催となった今回のコンテスト。

~夏休み だれかにつくってあげたい ごはん~

が今回のテーマでした。

このテーマをもとに、「なにをつくるか」は全て子供たち任せです。
食材も全て持ち込み(計量のみ可、下ごしらえは不可)。調理時間は90分。時間内に2人分を作って盛り付けるところまでを全て子供がひとりで行います。

Dsc_6734
この難易度の高い課題にチャレンジした子供たちは6名。全員小学生(しかも4年生以下)ですが、みんな制限時間内に、予定していたお料理を全て仕上げ、盛り付けまで完成させました。

審査員の方の総評でもありましたが、「みんな、ホントにすごい」 です。 
小学生のとき・・・自分が作れたものは何だろう?と考えると、恥ずかしくて、ぜったいに言えません~

で。ウチの娘が作ったのは、このお料理です。

Dsc_6807_2 
タイトル 「おかあさんのためにつくった なつをたのしくすごせるごはん」
・チーズたっぷりトマトクリームパスタ
・大葉とチーズまきまきカツ
・カボチャのつめたいスープ
・フルーツたっぷり牛乳プリン     の計4品 (+付け合せ) です。

メニュー完成に至るまでは、色々なドラマがありました。

まず。
自分が食べたい料理を作るのではなく、”誰かのために”作ってあげる料理がテーマだったことが最大の難関でした。
小さい子供にとっては、「だれかのために」という発想自体が、これまであまり経験のないことで、当然なかなかアイディアは浮かばなかったんです。

それでも、しばらく考えた娘は「ママのためにつくりたい」と、うれしいことを言ってくれたのですが・・・
問題は、 ママさんの好きな食べ物≠娘の好きな食べ物 だということでした。

毎年、確実に夏バテする(自慢じゃないですよ)ママさんでも食べやすいもの
 ⇒ 冷たいもの
という発想で、メインは”冷製パスタ”にしようか、話し合い、試作もしたものの、大のトマト嫌いの娘は食べられず
「たべたくないものはつくりたくない」 という娘の意見で、トマトクリームパスタに変更しました。

デザートも、”涼しげなサイダーゼリー”を試作したものの、炭酸飲料が苦手な娘はやっぱり食べられず。 結局は娘の好きな”牛乳プリン”に変更しました。

カツも、スープも、当初は別のものを考えていたのですが、こちらは”技術的な問題”で変更。

試作自体は、1か月も前から色々していたのに、最終形が決まったのは1週間前でした。
これで一気に練習を重ねたいところ・・・でしたが、「自分のため」の料理を作るのではないからか、なかなか練習にも身が入らず、時間(90分)内にお料理できるようになったのが、3日前 

なのに、なのに。
前日の最終練習で、大失敗しました。
カツをしっかり巻いていかなかったからか、巻いていたチーズが油に溶け流れて・・・。 パスタソースに塩を入れ過ぎて、塩辛~くて食べられないパスタに。

こんなんで、ダイジョウブなのか? と不安を抱えたままの本番。

ママさんは焦って、焦って。娘のお料理姿をとても冷静に見ることはできませんでしたが、対して娘は冷静に、レシピをしっかり見て、手順が間違っていないかを確認しながら丁寧に確実に作業を進め、お料理を完成させました。

娘、すごい・・・・と思いました(もちろん親バカですが)。 お料理を完成させたこととか、優勝してしまったこととか、色々ありますが、難しいお題に立ち向かって、それを乗り越えてしまったことにすごいと思いました。 きっと、ひとまわり大きくなったことだと思います(見た目は変わらないけれど)。
ママさんも、負けてはいけないですね。 ガンバリマス。今年こそ、夏バテしないように

|

« 今日は平日クッキングへっ! | トップページ | フローチャート式レシピ »

育児」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

こども」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「なつをたのしくすごせるメニュー」ができるまで。:

« 今日は平日クッキングへっ! | トップページ | フローチャート式レシピ »