« ここまで、です。 | トップページ | ハスの花。 »

2013年9月 2日 (月)

たからばこ。

「ねぇ、ヒマー」と言い続ける、お休みの日の娘

何か退屈しのぎになるような、楽しいことはないかと考えた母

思いつくのは”工作”だけなんですけれど、ね

娘に「宝箱
、作ってみる?」と提案してみたら、「うん、やるっ」と二つ返事だったので、さっそく作ってみることにしました。

どんな宝箱にするか。

娘の希望は、平らな、厚みの薄い箱。できればクッションもあるもので、アクセサリーを並べたい、ということでした。
そこで材料に使ったのは、娘でもカットしやすい”ティッシュの空き箱”です。

Dsc09682
これを好みの厚さに切って。

Dsc09685
内側に、綿を貼り付けて。

Dsc09686
その上から布を貼りました。

Dsc09688
接着に使ったのは、”両面テープ”(強力接着タイプ)です。
近くで見ると、かなり雑なんですが
、離れてみたら、それなりにキレイに見える、でしょ?

それから、切り取って残っていた部分を使って、フタも作りました。

Dsc09690
透明な窓(内側に透明アクリル板を貼り付けました)を付けて、
片側を箱に固定したら、できあがりです。

娘はさらに、箱の真ん中に折り紙の飾りを貼り付けました。

Dsc09691
アクセサリーを飾ったら、それなりに見える?かな?

Dsc09692
やっぱりティッシュの箱にしか見えない・・・のは、オトナだからでしょうか

Dsc09693
所要時間は1時間ちょっとでした。

布を切ったり、細かい調整をしたりはママさんの仕事でしたが、接着が両面テープなので、娘もいっぱい作業ができて、楽しかった
みたいです。
できあがった箱は、宝箱として丁重にあつかっていました。

オトナ的な感想を言えば。ティッシュの箱はカットしやすいけれど、切っちゃうと強度が弱くなるのが弱点、ですね・・・。もうちょっと丈夫な箱を使ったほうが、長持ちするいい品を作れると思います


チャレンジされる際は、”誰が作るのか”、”長持ちさせる必要があるのか”等々、検討して材料を選んでくださいね~。

(お菓子の空き箱や、牛乳パックのほうが丈夫だと思います。でも、加工はしづらいかもしれません
。)

|

« ここまで、です。 | トップページ | ハスの花。 »

育児」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

こども」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。