こども

2014年5月21日 (水)

チョコペンデコレーションのつくりかた。

パパさんのお誕生日祝いに作ったケーキbirthdayのデコレーションパーツたち。

Dsc_0703
すべて、チョコペンを使って作りました。

こだわりポイント
flairは、
「娘
chickの手書きの文字を 娘自身のチカラrockでキレイに表現すること」です。

まず。
フツーの紙に、飾りたい文字の下絵を書きました。


Dsc_0689
これを裏返して。

Dsc_0690
バットの上に載せて、その上にラップを敷きました。

Dsc_0691
写真では見えづらいですが
sweat02、サインペンで書いた下絵が透けて見えている状態です。

で。
湯せんで溶かしたチョコペンで、まずは下絵(文字)をなぞり。
その上から、文字をなぞったのとは別の色のチョコペンを重ねて。

Dsc_0693

(※絵は、ママさんがフリーハンドで描きました。)

これを冷やし固めたら、できあがり
noteです。

うまく字が表現できているか、ドキドキしながらラップを外したんですが・・・
出来栄えは、最初のケーキの写真の通り、完ペキ
shineでした。大成功scissorsでした~。

この方法なら。
子どもの手描きの絵とか・・も、うまく表現できるかも、と思います。
機会があったら、試してみようかな~。

| | コメント (0)

2013年12月23日 (月)

リースパン。

一足お先にクリスマスxmasパーティbarを済ませた我が家。
理由は、昨日娘
chickがお料理教室に参加して、リースパンを作ったから、です。

Dsc_0238
(つまり、食べるべきものがあったから、クリスマスを待たずにパーティをしちゃったわけです
bleah。)

昨日のお料理は、クリスマスの前だから、いつもとはちょっと趣向を変えて、食べておいしい&飾って楽しい「リースパン」がお題でした。

パン生地を捏ねるのは、かなり力
rockが必要ですが・・・

Dsc_0194
こねこね、

Dsc_0196
こねこね。


Dsc_0198
意外にも(?)集中して、上手にこねあげることができていました。

今度は、発酵させた生地を三等分して、

Dsc_0215_2
麺棒でのばして、

Dsc_0221_2
まるめて、

Dsc_0222_2
細くのばして。

Dsc_0224_2
3本の細い生地を三つ編みします。

Dsc_0232_3
これをリース状に成形して、さらに発酵させて、焼き上げたらできあがり~。

Dsc_0255_2
パンから飛び出している、ろうそくみたいなものは、後でクッキーを通すための穴を開けておくため、成形時に挿したものです。

パンを発酵&焼き上げている間に、色々な形のクッキーをアイシングで飾って。

Dsc_0254_3
これとパンを合体させて、最初の写真のリースパンができあがりました。

かわいく&おいしくできあがったので、娘はとってもご機嫌
noteでした~。
家ではなかなか作らない(作れない
coldsweats01)ものなので、楽しかったみたいです。

・・・しかし、「もったいないから、しばらく飾っておく」という参加者が多かった中、迷わず「今日のご飯だねっ
sign01」と言って、その晩に食べてしまった我が家coldsweats01
食い意地がはっている? イヤイヤ、パンは焼いてからすぐに食べたほうが、おいしいんですよ~(って、もちろん言い訳ですbleah)。

| | コメント (0)

2013年12月22日 (日)

クリスマスパーティ♪

ちょっと早いですが・・・
ささやかながら、家族でクリスマス
xmasパーティbarをしました。

Dsc_0242
上の写真は、ケーキに、チキンに、サラダ、ですが、

ディナーのメインは、

Dsc_0238_2
このリースパン
note
娘が、今日のお料理教室で作ってきた品です。
かわいいデコクッキーが、たくさんついたリースパンです。

作った過程はまた改めてご紹介しますが、今日のところは、
お味だけご紹介。
作った娘も、食べるだけだったパパさん&ママさんも、
「おいしかったhappy01」と大満足のお味でした~。

おかげで、とってもおいしくて楽しいパーティ
barになりました。

頑張っておいしいパンを作った娘
chickには、きっとサンタさんからプレゼントpresentが届くような気がしますhappy01

あ、サンタさん~。ママさんにも、よろしくお願いしま~すっ
sign03

| | コメント (0)

2013年12月15日 (日)

クリスマスメニューにもぴったり♪メニュー

久しぶりに、娘chickがお料理教室に参加してきました。

今回作ったメニュー
restaurantは、

「デコレーションミートローフ」と「フルーツトライフル」の2つです。

もうすぐやってくる、クリスマス
xmasのメインメニューと、デザートにぴったりな2品です。

ミートローフは、ハンバーグのたねを捏ねて、型に詰めて、オーブンで焼く肉料理。
トライフルは、カステラとクリームとフルーツを層に重ねたデザート。

子どもたちでも、ちょっと頑張れば作れそうなメニューなので、この機会に作り方を覚えて、ぜひぜひ家でも作ってほしい
sign01と思うところですsmile


まずは、玉ねぎのみじん切り~。

Dsc_0086
たねを捏ねて、捏ねて。

Dsc_0103
型に詰めて、焼いて。ソースと野菜をトッピングしたら、できあがり。
カラフルな野菜のトッピングが、おいしそうです
happy01

Dsc_0126
同時進行で作っていたトライフル?(もりもりパフェかな
coldsweats01)もキレイにできあがりました。

トライフルは、できあがったその場で、娘がぜ~んぶ食べていましたが、ミートローフは持ち帰って、夕飯にいただきました。

おいしかった
happy01んですが・・・
娘は、トッピングの野菜を避けて食べていましたannoy。もう。。

自宅でミートローフを作る場合は、野菜はトッピングするのではなく、タネの中に入れ込んじゃうコトにしますsmile

| | コメント (0)

2013年11月 4日 (月)

やわらかい明かり。

ゆったりとした休日japanesetea

娘はパパさんと一緒に、少々手間と時間のかかる工作をしました。


maple

まず、風船を適当な大きさにふくらませます。

続いて、ちぎった紙(和紙折り紙)
をのりに浸して、風船にペタペタ貼り付けます。

※のりは、水で薄めたものを使うそうですよ。

Dsc_0102
貼り終えたら、のりが乾くまで放置~。(実はこれに丸一日かかりました
coldsweats01。)

Dsc_0105
のりが乾いたら、風船を割りますっ。パンッ
dash

そしたら、外に貼った和紙が、たまごの殻みたいに、きれいなカタチで残りました。

Dsc_0106
この内側を、LEDライトで照らしたら・・・・

Dsc_0122_2
きれいなランタンになりました
note

紙を通した明かりがやわらかくて、とってもキレイ
shineです。 しばらく見とれてしまいました~heart01

秋の夜長、こんな明かりのもとで語り合うのもいいものですよね~happy01

なぁんて思っていましたが・・・
暗がりではなぜか無口
gawkになってしまい、明かりを見つめるだけ・・・でした。

なので、このランタン。とってもキレイなんですが、部屋のオブジェとして、片隅に鎮座していますcoldsweats01
作るのがもうちょっと早かったら、ハロウィン用の飾りとしても使えた、かも?
来年チャレンジしてみようかな~。

| | コメント (0)

2013年9月 5日 (木)

ゆうえんち、つくるよ~っ!

悪天候で、小・中学校が休校になった昨日。
こんな日は、ママさんも娘にお付き合い・・・で、家籠り
houseです。

朝ごはんを食べ終えて、仕事に出かけるパパさんを見送ると。
それを待っていたかのように娘は、

「ママっ、きょうはなにしてあそぶ
happy01?」

と、目をキラッキラ
shineさせながら尋ねてきます。

ママさんは、う~ん・・・と頭をひねりながら、
折り紙、ビーズアクセサリー作り、ドールハウス作り、を提案してみましたが、どれも娘にはイマイチだったみたいです。
で、娘
chickが逆提案してくれたのは

「じゃ、きょうは”ゆうえんち”つくろ~っhappy02sign01」でした。

提案、というよりは、決定事項として言われましたけれどね。

遊園地の敷地は、四つ切画用紙(←夏休みの宿題の余り)の大きさに決め、乗り物とヒトは、牛乳パックやらBOXティッシュの空き箱やらラップの芯やら・・・で作りました。

娘と2人で、せっせ
sweat01と作ってhairsalon、お昼頃にようやく完成ました。

”ワクワクゆうえんち”で~す。

Dsc09694
乗り物は、ジェットコースターに、急流すべり、ゴーカートもありますよ。

できあがったら、「さぁっ、ママっ
sign01 あそぶよっdash」・・・・一日思いっきり遊ぶのだと心に決めている娘は、全く容赦がありませんsweat02

ヒト人形を分配して(ごっこ遊びの役決め、ですね)、遊びスタート
note

Dsc09701
まずは記念写真
cameraを撮りますよ~。

そしたら、遊園地の中に入って、乗り物に乗りますっ
dash

まずは、ゴーカート。

Dsc09702
手動式ですが、タイヤがまわるので、軽く押せば進みます
cardash

次は、急流すべり。

Dsc09704_2
「ひゃぁぁぁぁぁ~
happy02

Dsc09703
最後は、ジェットコースター。

Dsc09706
急流すべりよりは、ちょっと距離が長め、ちょっと高め、です~。

Dsc09708
人形が振り落とされないように、
○人形の底に、クリップつけて。 ○乗る部分に、マグネットシールをつけて。
磁石の力で人形を固定するようにしました。

これだけのことですが、人形が飛び出しちゃうのも防いで、安全に?遊べました。

ジェットコースター等は、牛乳パックを切って、折っただけのレールを、短く切ったラップの柱にのせただけ、の超カンタン
coldsweats01なつくりです。
でも、このおかげで、高さを変えたり、レールの長さを変えたり、が自由にできます。

遊びながら、あれこれ作り変えたりしながら、結局丸一日これで遊びました。
娘は夕方になっても、「もっとあそぼうよっ
happy01」と、顔をキラッキラさせながら誘ってくれましたが・・・ママさんが疲れましたcrying。「カンベンしてください・・・」。

また、今度遊ぼうね。
Dsc09699

| | コメント (0)

2013年9月 2日 (月)

たからばこ。

「ねぇ、ヒマーgawk」と言い続ける、お休みの日の娘chick

何か退屈しのぎになるような、楽しいことはないかと考えた母
sweat02

思いつくのは”工作hairsalon”だけなんですけれど、ねcoldsweats01

娘に「宝箱
crown、作ってみる?」と提案してみたら、「うん、やるっhappy01shine」と二つ返事だったので、さっそく作ってみることにしました。

どんな宝箱にするか。

娘の希望は、平らな、厚みの薄い箱。できればクッションもあるもので、アクセサリーを並べたい、ということでした。
そこで材料に使ったのは、娘でもカットしやすい”ティッシュの空き箱”です。

Dsc09682
これを好みの厚さに切って。

Dsc09685
内側に、綿を貼り付けて。

Dsc09686
その上から布を貼りました。

Dsc09688
接着に使ったのは、”両面テープ”(強力接着タイプ)です。
近くで見ると、かなり雑なんですが
coldsweats01、離れてみたら、それなりにキレイに見える、でしょ?

それから、切り取って残っていた部分を使って、フタも作りました。

Dsc09690
透明な窓(内側に透明アクリル板を貼り付けました)を付けて、
片側を箱に固定したら、できあがりです。

娘はさらに、箱の真ん中に折り紙の飾りを貼り付けました。

Dsc09691
アクセサリーを飾ったら、それなりに見える?かな?

Dsc09692
やっぱりティッシュの箱にしか見えない・・・のは、オトナだからでしょうか
coldsweats01

Dsc09693
所要時間は1時間ちょっとでした。

布を切ったり、細かい調整をしたりはママさんの仕事でしたが、接着が両面テープなので、娘もいっぱい作業ができて、楽しかった
noteみたいです。
できあがった箱は、宝箱として丁重にあつかっていました。

オトナ的な感想を言えば。ティッシュの箱はカットしやすいけれど、切っちゃうと強度が弱くなるのが弱点、ですね・・・。もうちょっと丈夫な箱を使ったほうが、長持ちするいい品を作れると思います
catface

チャレンジされる際は、”誰が作るのか”、”長持ちさせる必要があるのか”等々、検討して材料を選んでくださいね~。

(お菓子の空き箱や、牛乳パックのほうが丈夫だと思います。でも、加工はしづらいかもしれません
sweat02。)

| | コメント (0)

2013年8月24日 (土)

夏の思い出ケーキ

コチラでちょこっと触れておりましたが。

この夏休みに行われた、「キッズお料理コンテスト」で優勝した娘が、その副賞?として、地元テレビ局のお料理コーナーにちょこっと出演させていただきました。

娘が通っているお料理教室の先生は、毎週某番組にてお料理コーナーを担当されています。
夏休み期間中に”特別編”として、子どもと一緒に作れるお料理を紹介されたので、そのお手伝いとして出演したんです。

作ったお料理は、

「ブルーベリーレアチーズケーキ
cake」です。

Dsc_0309
(ホントは写真の上下が逆なんですが・・・
coldsweats01

材料を混ぜて、冷やし固めたらできあがり
noteのケーキは、確かに”子どもと一緒に作る”のにピッタリなお料理ですね。
混ぜるのにはある程度の腕力が必要なので、そこはオトナのパワーが必要ですが・・・火も包丁も使わないし、粉類も使わないので途中の味見もOKwinkだし、小さいお子さんでも楽しんで作れそうです。

娘も、とっても楽しんでお料理していました
happy01

おいしいお料理を作ることができて&楽しい時間を過ごすことができて&おまけにテレビにもちょこっと出演することができて、娘にとってはホントにいい夏の思い出になりました。

restaurant

写真のケーキの真ん中には、チョコペンで作った大きな音符をのせていますが、ホントは・・・この飾り、ピックのように立たせたかったんです。

クッキングシートの上に、黄色のチョコペンで音符を描いて、固めて。
そっと剥がして刺すつもりが・・・・・

ポッキリ、折れてしまいました
coldsweats01。 

それで急きょ、上にそっとのせて仕上げました。

ホワイトチョコを着色して作られたチョコペンは、脂肪分が多いからか、「固まるタイプ」のものでも、あまり強度は強くないようです
sweat02

一応、これはこれでいい感じに仕上がったものの、どうにか上に飾りを立ててみたいsign03と考えて作ったのが、コチラのチョコピックでした。

今度作るときには、”しっかり立つ”チョコピックを色々準備して、カラフルに飾ってみたいなぁと思っています
note
(今度って・・・・イツでしょ
coldsweats01。)

| | コメント (0)

2013年8月21日 (水)

たのしい手打ちうどん。

chickがお料理教室「ジュニアクッキング」に参加してきました。グループで、ワイワイとお料理を楽しむ教室です。

今回のお題は”手打ちうどん&えび天”。

徳島のお隣 香川県は、うどん県。さぬきうどんが有名です。
今回は、その”さぬきうどん”風のうどん作りにチャレンジしました。

小麦粉に、塩水を加えてまぜて、ひとまとまりになったら捏ねて。

そして、生地を足で踏みますっ
sweat01

Dsc_0583
ビニール袋に入れた生地を、ブルーシートの上で踏み、踏み、踏みっ。
それはそれは楽しそうで、あちこちから歓声
happy02があがっていました。
食べ物を踏みつけてOK
winkなんて、ふつうはありえないことですもんねぇ。楽しいに違いありません。

こうしてみんなで順番に、力強く踏みつけた生地は、しばらく寝かしておいて・・・・・・。

えび天を作りました。

殻をむいて、衣をくぐらせて、油の中へ~。

Dsc_0619
ジュワっと、カラッと、おいしそうにできあがりました。

Dsc_0620
そしていよいよ、寝かせていた生地を延ばして、切ります。

うどんは茹でるとすごく太くなっちゃうので、かなり薄く(理想は3mm程度)に延ばしたほうがいいんですが・・・・

Dsc_0630_2
う~ん、厚い
coldsweats01

そして、切る幅も、太い・・・。

で、これをグツグツ
dashと茹でた結果、

Dsc_0632
極太うどんが完成しました~。

Dsc_0649
太くて、堅かったです・・。写真から、麺がメチャクチャ強そうにうねっている様子がわかるでしょうか?

味はおいしかったんですが、なにせ噛みごたえがあるので、歯が生えかわっている時期の子供たちは、食べるのが辛そうでした
coldsweats01

でもね、今回はとにかく作業すべてが楽しかったみたいです。
家でも一度作ってみたいなぁと思います。
(※ただし、粉まみれにならないように、色々対策を考える必要アリ、ですけれどね
coldsweats01

| | コメント (0)

2013年7月30日 (火)

コドモ、スゴイ。

7月の最終日曜日に。
娘が通っているお料理教室で、年に一度開催される「お料理コンテストrestaurant」が行われました。

Dsc_0205
今年で3回目のコンテストは「徳島どんぶりチャレンジCUP」というタイトルが付いていました。

そのタイトル通り、お題は”子供たちが自分で考えたオリジナルのどんぶりを作ること”。
しかも、ただのオリジナルどんぶりではなく、
”徳島でとれた食材を3品以上組み合わせること”という課題まで課されていました。

この概要が発表されたとき、「・・・すんごくハードルが高いのでは
coldsweats02」と、ママさんは思いました。

でも。

コンテストには小学1年生から5年生までの子供たち6名が参加しました。
ウチの娘もこの中の1名。ヤル気満々happy02sign03でした。

すごいね、みんな
sweat02
ママさんが小学生のときには・・・自分でオリジナルどんぶりを作ろうなんて、思ったこともなかったですよcoldsweats01

そんなステキなみんなの応援になれば、と作って持参したおほしさまバッジは、みんな大喜びnoteしてくれました。早速キャップにつけたり、エプロンにつけたりしてくれて。
調理中も肌身離さずいてくれて。 嬉しかった
heart02です。

Dsc_0138
さて。調理中の子供たちの様子は、といえば。

もう、堂々たるもの
shineでした。

なんか、フツーに料理をしているんですよね。
お料理をしている姿に、まったく違和感がないのですよ・・。

そしてできあがったのは。こんなステキなどんぶりたち

Dsc_0247_2
すごいでしょ~。

できあがったものは、試食もさせてもらいました。おいしかったです、ホントに。
みな、それぞれに練習を重ねて、これだけのものを作れるようになったんだろうなぁと思います。
よく頑張ったね~。

ウチの娘も、「でる
sign03」と決めてから、何度も何度も練習をしていました。
その甲斐あってか・・・・

優勝させていただきました。

努力が報われたことが、相当嬉しかったみたいです。

よかったね。

これからもきっと、ますます精進してくれることと思います(・・って、この日以来、包丁握っていませんが
coldsweats01)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧