絵本

2014年11月30日 (日)

魂こもった絵本です。

自分の制作物以外のものについての記事はあまり書かないようにしているんですが。
今回はちょっとその原則をはみ出して、一冊の絵本をご紹介します。

book

ママさんのもとに、とある作家さんから絵本が届きました。

「小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。」

(原田 剛 文/筒井 則行 絵)

Photo
この本を送ってくださったのは、絵を描かれた筒井 則行さんです。

本の著者は、ママさんが以前工作の連載をさせていただいていた育児雑誌「ワイヤーママ」を出版されている、ワイヤーオレンジ代表の原田 剛さん。
かなりインパクトのある絵を描かれているのが、筒井 則行さんです。

どんな本を作られたんだろう・・・・と、ワクワクしながら本を広げました。


タイトル通り、鬼のようなお母さんに、原田少年はナスビ売りを命じられるのですが・・・

母の、子を思う気持ちのせいか。
また絵を描かれた筒井さんの優しさのせいか。

お母さんの鬼のような顔も、ワタシには優しい顔に見えました。

絵本という形態ですが、大人向けの内容、だと思います。
筒井さんの絵の優しさも、大人ならばきっと理解できるのでは、と思います。

このインパクトある表紙を見かけられたら。
手に取って、筒井さんのすっごく魂こもった絵を、ぜひご覧になってくださいね。

| | コメント (0)

2013年6月 1日 (土)

大人買い。

絵本を4冊、大人買いしてしまいましたcoldsweats01

Dsc09487
この4冊、すべて「からすのパンやさん」(かこさとし著/偕成社)の続編の絵本です。

「からすのパンやさん」では、小さな子ガラスだった、パンやさんのチョコちゃん、リンゴちゃん、レモンちゃん、オモチちゃんの4羽が、大人になって・・・というお話なのです。

このお話の元になった「からすのパンやさん」は、娘が小さいころ、夢中になった絵本
bookでした。
「ほんものの、からすのパンやさんをみつけたいhappy02」という娘を連れて、お散歩に出かけたり・・・なんてこともしたくらいです。

娘が夢中になっていたハズの絵本の世界にお付き合いするうちに、パパさんも、ママさんも夢中になっていました。


book

そんな思い出たっぷりの絵本に、続編が誕生した
birthdayと知ったら。
もう、手元に置いて、ゆっくりその世界に浸りたい
bearingsign01という衝動にかられてしまいました。

で、本屋さんで平積みされていた4冊の絵本を、迷うコトなく手に取り、カウンターに向かったのでした
coldsweats01

これからたっぷり、”からすのパンやさんのこどもたち”の世界に浸りたいと思います
happy01
あ~楽しみ
note(←娘よりも、オトナのほうが楽しみ度合いが上upです、たぶん。)

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

絵本の「カレー」と「焼きリンゴ」

お料理教室「キッズクッキング」に参加してきました。

今回は絵本
bookの中に出てくる食べ物を作る”絵本クッキング”。
お題となった絵本は「うちにかえったガラゴ」(島田ゆか/文溪堂)です。

この絵本、娘もママさんも大好き
heart01なんです。
絵本の終盤に出てくる、おいしそうなカレー焼きリンゴのご飯は、読むたびに「食べてみたいね~」と話していたお料理でした。

そんな思い入れた~っぷり
sweat01の今回のお料理。ママさんもスタッフとして参戦rockしました。

まずは焼きリンゴ作りからスタート。

芯をくり抜いたリンゴに、砂糖(ざらめ)とバターとシナモンスティックを差し込んで。

Dsc_0057
このリンゴに突き刺さったシナモンスティックが、絵本と一緒なんですよ~
heart04

これをオーブンで50分も
sign03じっくりと焼いたらできあがり。

Dsc_0100
トロトロ~に柔らかく焼けた”シナモンリンゴ”になりました
happy02

リンゴを焼いているのと並行して、カレーを作りました。
お鍋でお肉を炒めて。小さく切った野菜もいためて。

Dsc_0093
水を入れて、具が柔らかくなるまで煮込んだら。

はちみつ、ソースに、ケチャップ、と隠し味をたくさん入れて、ルーも入れて、牛乳sign01も入れて。


Dsc_0103

さらに煮込んで、できあがり。

おいしいカレーとシナモンリンゴがそろいましたよ
wink
ご飯もターメリックで着色されて、絵本とおんなじ黄色いご飯です。

Dsc_0120
ちなみに、絵本に出てくるご飯はドーナツ状に盛られ、その中央部分にカレーがかかっていたので、ママさんの分は、絵本に忠実に盛り付けてみました。

Dsc_0123
「ほら、見て、見てっ
sign01」 と、はしゃいで子供たちに見せたんですが・・・
子供たち、全くの無反応でした
sweat02。 ママさんがいちばん”絵本どおり”にこだわってたみたいですdown

たくさんの隠し味を入れたカレーも、時間をかけて焼いたリンゴも、とってもおいしかったです。
一緒に作った子供たちも「すっごくおいしいっ
happy02」と、おかわりしてモリモリdelicious食べていました。

大好きな絵本のお料理を作って、食べることができて、子供たちの笑顔もたくさん見ることができて。ホントに幸せheart01なひとときでした~happy01。 楽しかったですnote

| | コメント (0)

2012年9月20日 (木)

テンションUP↑のえほん

night
「ピンポ~ン」と玄関のチャイムがなりました。

「お届け物です」と届いたpresentのは・・・コレ↓でした。

006
しかけえほんが2冊。
それぞれ、デビッド・A・カーター作「ちいさなかくれんぼ」の日本語版とフランス語版です。

この絵本は、大日本絵画さんが実施されていた「創立50周年プレゼントキャンペーン」の当選品flairです~。
大日本絵画さんHPで紹介されていたこの当選品を見た際、”すごく欲しいhappy02sign03”と思ったものが自宅に届いたので、「キャ~ッnote」と声を上げて喜んでしまいました(年甲斐もなく・・coldsweats01)。

デビット・A・カーターさんは、数多くのポップアップ絵本を作られています。
「あかまるちゃん」や「あお2ちゃん」など、ページからバッdashと飛び出すポップアップの巧妙さに驚くだけでなく、しかけの中に隠れた”かたち”(など)探しも楽しみのひとつ、という絵本もあります。

この「ちいさなかくれんぼ」は、今年8月に発売されたもの。この本も、大迫力のポップアップだけでなく、しかけに隠された色々な”アイテム”探しも楽しめる内容になっています。

ホントはゆっくりこっそり、ひとりで楽しみたいと思ったのですが・・・

娘に「ねっ、はやくみせてよっsign01」と強くせがまれたので、仕方なく(大人げないワタシcoldsweats01)ページを開いて・・・

「うわっcoldsweats02

とびっくりしました。

本の中から飛び出してきたしかけの大きさ&迫力に、一気にテンションがあがりましたup

その後は娘と一緒に、かくれんぼしているアイテムを探したり、ページを開くたびにビックリしたり、の繰り返し。で、あっという間に最後のページまで進んでしまいました。
そしてこれを2、3回続けましたcoldsweats01

この頃ちょっと忙しくて、気分的にもブルーだったんですが・・・
一気に解消しましたよっ(単純coldsweats01sign02)。

でもホントに、大人も子供も楽しめること間違いなしsign01のオススメ絵本です。書店等で手に取ってみてくださいね。
(※ただし、しかけは繊細なので、ページをめくるときは慎重に・・。)
(※2 フランス語版は、日本語版と中身は全く同じです。ただしフランス語なので・・・フランス語の知識がないワタシには全く読めませんcrying


| | コメント (0)

2012年9月16日 (日)

キッズクッキング「くりごはん+α と、プリン」

今日は娘と一緒にお料理教室・キッズクッキングに行ってきました。
娘はお料理を習いに、ママさんはそのお手伝い担当(一応センセイcoldsweats01)です。

お題は「くりごはん」と「きのこたっぷりのおみそ汁」と「プリン」でした。

くりごはんにプリン、という組み合わせは、絵本book「はじめてのおるすばん」(しみずみちを作・山本まつ子絵/岩崎書店)にちなんだものです。
絵本の中では、おかあさんの作ってくれるくり(まぜ)ごはんと、お留守番ができたご褒美のプリンが登場します。

お料理の前に、まずは絵本の読み聞かせ。

Dsc_0021_2 
みんな、真剣eyeに聞いています。おもしろかったかな?

絵本のあとは、いよいよお料理です。

くりごはんは、お手軽なむき栗を使いました。お米を研いでお鍋に移し、お塩と栗を入れて吸水させた後、IH調理器の”炊飯”スイッチを押すだけ。なんてカンタンnoteなんでしょ~。自動調理キーって、便利ですねぇ。

+αのおみそ汁は、煮干しで出汁を取りました。

Dsc_0039
キッズたちに「これ、な~んだ?」と煮干しを見せたら、「さかなっfish」と元気に答えてくれましたが・・・何の魚なのかは知らなかったみたいです。最近はあんまり煮干し、目にしないのかもしれませんね(ウチにも無いですsweat02)。

煮干しでとった出汁に入れたのは、た~っぷりのきのこ。栗と同じく、秋mapleの味覚ですね。

Dsc_0019_2 
煮干しにきのこ。いっぱい入って、ホントにいい出汁が出ていました。

最後は、キッズたちにとって一番heart04お楽しみのプリン。
今回はプリンの素やゼラチンを使った”冷やして固める”ものではなく、”オーブンで蒸す”プリンを作りました。

材料を混ぜて、型に流し込み、お湯を張った天板に並べて、オーブンで蒸して。

Dsc_0063
とってもきれいに仕上がりましたよ~。

こんな感じで、全3品が完成shineしました。

Dsc_0072
全部おいしく出来上がって、キッズたちはモリモリdeliciousrestaurant食べていました。
普段は食の細い子も、お茶碗を空っぽにして、「おかわりしたいhappy01」と言ってくれました。
みそ汁苦手なウチの娘(写真は娘の分。具ナシでしょcoldsweats01)も、「おいしかったから、おかわりする~」と、2杯飲んでいました。
センセイを担当させていただいたママさんも、キッズたちに負けじとsign02モリモリ食べましたよ~。だって、栗も、きのこも、プリンも、おいしかったんですっsign03

・・・食欲の秋restaurantがやってきたようですね~coldsweats01

| | コメント (0)

2012年7月22日 (日)

キッズクッキング「ハンバーグハンバーグ」

今日はツキイチキッズクッキング・午前の部に、娘とママさんが参加してきました。
子供用のお料理教室なので、習うのは娘chickだけ。ママさんはアシスタントとして(・・懲りずにcoldsweats01)の参加です。

今回は、絵本bookクッキング。絵本にちなんだお料理がテーマです。
絵本は「ハンバーグハンバーグ」(武田美穂/ほるぷ出版)。すご~くおいしそうlovelyなハンバーグが出来上がるまでが描かれた絵本です。

で、本日のテーマは「ハンバーグランチrestaurant」。
ハンバーグとピラフと付け合せの野菜入りのプレートと、ゼリーを作りました。

子供たちには、ひとり1つのプレートが配られました。このプレートに、どんなお料理が並ぶのかな~。ドキドキのお料理がスタートしました。

002
今回ママさん先生が担当させていただいたのは、娘含め、女の子virgo6人のチーム。
幼稚園の年長児さんと、小学一年生。もう何度か教室に参加して、お料理が楽しくなっている子ばかりだったので、最初からとても楽しそうhappy01でした。

まずはゼリー。
”ゼリーの素”をお湯で溶かすだけなので、これは楽チンnote
ミカンの缶詰をゼリーカップに入れて、ゼリー液を入れたら冷蔵庫で冷やすだけです。

続いてピラフ。
具はエビとピーマンでした。ピーマンは子供のキライshockな食べ物の代表格。「ピーマン、きらいな人~」と聞いたら、6人全員「は~いsign01」と元気よく答えてくれましたcoldsweats01
「キライだったら、大きいのは食べづらいよね。小さく切ろうね」と声掛けしたら、みんな必死sweat01に小さく切っていました~。おかげで上手にみじん切りピーマンができあがりwink
お米と具を炒めた後、炊飯器で炊きあげました。

次はメインのハンバーグ。
みんなピーマンは必死で切ってくれたのに、「たまねぎは、めがいたくなるからイヤ~」とみじん切りを拒否down。仲良しチームだと、みんな意見が同じになるんですねsweat02。 なんとか励まして、なだめて、少しずつ作業してもらいました。

たねができあがったら、ひとりひとつずつ成形しました。
今回は、「好きな形にしていい」ということになっていたので、どんな形が登場するのか?と思っていたら・・・ここでもみんな同意見coldsweats01。「ハートheart」「ハートがいいhappy01」「ハートにする~happy02」ということで、全員ハート型に成形しました。

焼き作業はママさんが担当したので、ハートを崩さないようにするのにかなり気を遣いましたsweat02が、なんとか全員のハートが無事焼きあがりました。

そしてできあがったのはこんなランチプレートでした。

005_2 
ちょっと食べかけですがcoldsweats01、きれいなハート型ハンバーグになっているでしょwink

お料理の後、ママさんも子供たちと一緒に試食しました。
すご~くうれしかったのは、子供たちの箸の進みが早かったdashこと。 「おいしい?」と尋ねたら、「うんっhappy01」「すっごくおいしーhappy02」「このハンバーグ、めちゃくちゃおいしいっsign03」「ピラフも、ぜんぜん(ピーマンの)あじしないnote」と答えてくれました。
結構しっかりした量のご飯だったと思いますが、ぜんぶきれいに食べきった子が何人もいました。中には、おかわりしてくれる子もsign01 残ったら食べよう、と思っていた付添いのお母さん方・・・当てが外れたかもしれません。

楽しくておいしいお料理の時間でしたhappy01
また懲りずにcoldsweats01、ママさんセンセイをするかも・・・しれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

ウィンナーマン

昨日ご紹介した、娘とママさんで作った絵本のおはなしです。

表紙含めて全8ページの短編ですが・・・笑っていただければ嬉しいhappy01です。

notenotenote

絵本book「ウィンナーマン」

1_3    
残りあと2ページ。ちゃんと”オチ”つきます。

2
お楽しみいただけましたかcoldsweats01

白黒で、文字も小さくて読みづらいですが、クスッと笑っていただけていたら嬉しいheart01です。

どうやってお話をまとめるか等々、娘と話している時間がとっても楽しかったです。
「ウィンナーかじったら、くちができて、ウィンナーマンになる」は、完全に娘chickのアイディアflairです。子供の発想力ってすごいな~と思いました。そんな奇想天外なアイディア、ママさんは逆さになっても出てきません~sweat01

時間のあるときに、また別のお話も作れたらいいなぁ~と思います。
(でも、娘がヤル気になってくれたら、の話ですけれどね・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

「えほんっ!」の前に。

台風で学校がお休みになった一昨日

外には出られないし、急な休みで予定もないし。時間はたっぷりありました。

さて。何して過ごそうか。
大人はう~んsweat02と頭を悩ませながら考えるところですが・・・娘chickはまぁ、次から次へと色々な遊びを思いついては色々と誘ってくれました。

で、そのうちのひとつが「えほん、つくりたいっhappy01sign01」でした。

実は2、3か月前にも一度誘われたのですが、時間が取れなくて断念。。
結局保留したままになっていたので、この機会に挑戦することにしました。

娘とお話の構想を練りながら、まずは「本のかたち」を作りました。

本といっても立派なものではなく、コピー用紙を折って切っただけのものです。

1.まず紙を線に沿って3回折りたたみます。広げたら、紙が8等分されているはず。

2
2.1をまた半分に折り、折り目側から赤線部分を切り、広げます。
※ここまで上の図。

3.2を、図の折り線に従って折りたたんだらできあがり。1
実際には、こんな形になります。全8ページの、簡易本です。

3
のりもテープもホッチキスも不要なので、ちょこっと作りたいときに便利です~。

で。このメモ帳みたいな本に、娘chickのアイディアをもとにしたお話を書きました。
タイトルは「ウィンナーマン」ですcoldsweats01

Photo_2 
表紙絵は娘が描きましたが・・・残りはぜ~んぶママさんがひとりで描きました。だって、娘が飽きちゃったんですよ、アイディアを練り終えたところでsweat02

「あとはママがぜんぶかいてね~。かきおわったら、よむから。」と言い残し、別の部屋で別の遊びを始めました。。 ヒドイcrying

(長くなったので、”お話”は次回ご紹介しますね~。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

絵本クッキング:”ぐりとぐら”のカステラ♪

今日は子供向けお料理教室restaurantキッズクッキング・午後の部に参加してきました。

本日は「絵本bookクッキング」。
お題は絵本「ぐりとぐら」に登場するカステラでした。

「ぐりとぐら」は、超定番の絵本。
シリーズ本が数冊ありますが、娘もママさんも、大きなたまごで作る大きな大きなカステラが登場するこの本が一番大好きheart01です。
大きなおなべ(フライパン)のフタを開けると・・・・中にはフワフワの黄色いカステラfullmoon
このページになると「あぁ、おいしそうsign01たべたいっhappy02」と必ず思うんですよねぇ。

そんな夢のカステラがお題とあって、キッズたちchickも大張り切り。
絵本に登場するような大きなたまごはないので、そのぶん、普通のサイズのたまごを1人5個!(グループでなんと30個も!)使いました(写真は半量の15個です。この倍ですよsweat02)。

Dsc_6043_2 
たまごを割って、砂糖を入れてよ~くよ~く泡立て。

Dsc_6051
つのが立つくらい泡立てたら牛乳&バターを混ぜて、粉を混ぜて。

生地ができたら、フライパン登場!!
ここに生地を流し込んで、オーブンでじっくり焼きます。

Dsc_6061
できあがりnoteです。

Dsc_6064
こちらは、娘たちのチームの仕上がり。

Dsc_6072
お隣のチームは、フライパンからはみ出すくらい膨らんでいましたよ~coldsweats02

Dsc_6077
この違いは、粉の混ぜ具合かな?

娘のは、ふくらみが足りなかった分、重た~い仕上がりに。きっと、張り切って混ぜたからですねぇ。ちょっと残念でした。お土産にフライパンを戴いたので、今度リベンジしてみようかな~と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

キッズ絵本クッキング「ばばばあちゃんのよもぎだんご」

「まいてきっておいしい!ひなまつり」編の続きです~

昨日開催のキッズクッキング・午後の部は、絵本book「よもぎだんご」(さとうわきこ 作/福音館書店)にちなんで「和菓子3種:よもぎだんご・さくらもち(東)・さくらもち(西)」を作りました。

002
まずは、よもぎだんご作りから。
まだ、よもぎの新芽budが出てくるには早い季節なので・・今回は乾燥よもぎを使いました。
水を入れて戻し、だんご粉に混ぜ、水と砂糖も加えてよく捏ね、好きな形にします。

005
これを茹でたらできあがり。

007
033

続いて、さくらもち作りです。

さくらもちは、クレープ状の生地にあんを包む「関東風」と、道明寺粉で作るおもち生地にあんを包む「関西風」の2つに挑戦しました。

まず関東風から。食紅入りの生地を作って、

011
フライパンで焼き、

019
丸めておいたあんこを包んで、さらに桜の葉っぱを外側に巻いたらできあがり。

関西風は、まず道明寺粉に食紅、砂糖、お湯を加えてかき混ぜ、レンジでチン。
出来上がったおもち生地にあんこを包んで、

030
桜の葉っぱを外側に巻いたらできあがり。

034
上が関東風、下が関西風です。
生まれも育ちも徳島=西日本 の娘chickは、関東風のさくらもちを作るのはもちろん、目にするもの初めてshineでした。 でも、とっても気に入ったheart01ようで、ペロリと1個食べていました。対して、初ではない、道明寺粉のさくらもちは、ふた口ほど食べただけでしたcoldsweats01
でも徳島では、関東風のさくらもちを見かけたことがないんですよね~。もし娘が”またたべたい”と思うようだったら、家で作るしかありませんね。
もちろん、娘自身に作ってもらうつもりですよ、ママはっsign01(と、言っておかねばsweat02)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧